ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中

雑念

「休みの日に何をしているの?」という質問にどう答えるか

会社の中の、普段はそれほど親しくしていない人とたまに飲み会なんかで会話すると「休みの日は何をしているの?」という趣旨の質問をよくされる。それはそうである。平日は仕事をしているわけで、つまり職場にいるのだから、何をしているのかは把握できる。…

通りすがりに悪態つくのはやめてくれ

道を歩いていた。信号のない交差点で車が来たので立ち止まった。親切な運転手だったのだろう、車も止まってくれた。歩行者と車が同時に止まったので、一瞬だけ「えっと、進んでいいの?」というような空気になる。もちろん交通ルール的には歩行者優先なのだ…

自己分析をしよう

就職活動のために、自己分析的なことをするのだろうか?多分、それは自己分析ではない。ただのプロフィール埋めだ。経歴や経験も、ただの事実に過ぎない。もちろん、就職試験なんかではそれが武器になるから大いに結構。言いたいのは、あれが自己分析だと誤…

皮膚科のお世話になる

幸いなことに別件で軟膏を買っていたから助かった。上記は先日の、マットレスを洗った結果アレルギー性皮膚炎になってしまった記事の最後の一文である。 「助かった」じゃないよ!結局その後、皮膚科を受診する羽目になった。あの記事を書いたのは、マットレ…

マットレスの掃除でアレルギー性皮膚炎を発症

なんて情けない話なの。さて、先日午前3時に目が覚めて時間を持て余していた日のこと。この前、寝袋をコインランドリーで洗ってスッキリしたので、今度はマットレスの方を洗おうかと思い立った。 私が使っている「ブレインスリープ オールインワン」は中身を…

「なにくそ精神」みたいなのがないね

ハングリー精神が一番近いとは思うのだけれど、それとは少し違うとも思う。ハングリー精神はハングリーを日本語にすればわかる通り「飢えた状態」である。飢えているから何かを欲して、それが原動力となって動く。事象に対して得られたものを足りないと感じ…

「可愛い」を連呼する心理が謎だ

本人的には「可愛い」ではなく「カワイイ」というニュアンスであることは承知である。(そこを気にする人は可愛いを連呼するような真似はしないとは思うけれど)例えば、外を歩いていて、犬の散歩をしている人とすれ違う。その時に連れていた犬を見て「可愛…

文字数のかさ増しや過去記事の焼き回しはするよ

記事タイトルだけで開き直っていることが伝わるだろう。さて、朝起きて始発でマクドナルドに行って作業してますよー。というだけのことを2つの記事に分けて書いた。 正直、2つに分けるような内容でもなかったのだけれど、書いているうちに文字数が多くなっ…

「あの時ああしてたら今のこれはなかったな」と思えるもののだいたいが恋愛絡みである

まさか恋愛の話をこのブログでする時が来るとはな。まあ、タイトルの通りである。あの時とか、ああしてたらとか、これはとか、代名詞が多いけれど、実際曖昧な話なのだから仕方がない。さて、恋愛云々は置いておいて、「あの時ああしてたら今はこうじゃなか…

大人への文句で盛り上がれるのは子供だから?

とある日のマクドナルドで、大学生らしき二人組の客が先生に対する文句で盛り上がっていた。そういうトークには覚えがある。私も学生の頃は先生に対する文句がトークテーマになることはまあまああったし、そこそこ盛り上がれた。さて、今はどうだろうか。も…

参考書の使い方を知っているか?

まさかまさか、参考書を開いて最初から読んでいる人なんていないだろうな——それは教科書の読み方だ。わざわざ「参考書」という名前がついているのだから、他の本とは区別されるべきであり、読み方および使い方も異なる。私の意見になるが、参考書の使い方は…

予定と違う記事を書いてることがある

さて、先日アフィリエイトに関する記事を書いた。 しかし最初からこんな記事を書こうとは思っていなかったのだ。本当はリカバリーサンダルの紹介記事を書こうと思ったのだ。 購入してからそこそこ経過したし、わざわざ2足目まで購入してそれなりに便利に使…

毎日会社に行って仕事をしたい

誤解を生むタイトルであるが、別に私が社畜になってしまったわけではない。現在、週5日、1日8時間労働のごくごく一般的な労働体系に属している。祝日がなければ1週間のうち休みは土日の2日である。しかしどうにも私は休日の使い方が下手なのだ。急に「今日…

ネットは情報を公開するものではなくなったのか?

「ネットサーフィン」という言葉はあまり使われなくなった。TwitterやTikTokなど、自分が好きな発信者をフォローしておいて、流れてくる情報だけを見ていればいいような状態である。だからこちらからわざわざ面白そうなものを探しにいかなくて良くなった。つ…

乗った後に奥まで進んでくれよ

タイトルで何についての記事かわかるだろうか?先に断っておくと、これはいわゆる「愚痴記事」である。カテゴリが「雑念」になっていることと、この文体からすぐにわかっただろうか?「愚痴記事」なんて言葉は初めて使ったのでわからなかっただろう。こうい…

日本郵便の配送状況確認ページ繋がる?

日本郵便から荷物が届いていたり、再配達をインターネットから指定するとメールが届いて、そのメール内に記載されているURLから配送状況を確認することができる。できるのだが…… こんな具合にサーバーに繋がらないことが多い。最初は私の環境が悪いだけかと…

授業は聴かなくてもいいから時間は無駄にするな

学生の頃、授業中に何をしていたか思い出そうとすると、真っ先に思い浮かぶのは先生の話がつまらなくて理解できなくて(理解しようという心意気がそもそもなかった)ウトウトしていたことである。もしも今の私が授業を受けたらどうだろう。真剣に聴くかもし…

もう1記事1,000文字以上にする必要がない?

このブログを毎日更新するにあたって、目安にしていたのが1記事1,000文字以上である。いくら毎日更新といえども中身がスカスカでは意味がない、というのもあるけれど、一番の理由はGoogleアドセンスのためだった。ブログを始めた当初は広告収入が目的だった…

「手札を増やす」という考え方

子供の頃はカードゲームにハマっていた。というか、同世代の男の子は漏れなく何らかのカードゲームに触れていただろう。今はどうなのだろうか。アプリでもプレイできるようになってはいるけれど、現実にしてもアプリにしても、カードゲームというものはたい…

「ナンセンス」と「センスがない」の違いがわかる?

学生の頃、何かの授業で先生が黒板に「ナンセンス」と書いた。もちろん何も書かれていない黒板に突然「ナンセンス」とだけ書いたわけではない。何か文章があって、その文章に対して「それはナンセンスだよ」という意味で書いたのだ。何もおかしなことはない…

2023年の個人的に好きな雑念記事

このブログにはいくつかのカテゴリがあるけれど「雑念カテゴリ」だけ他のカテゴリとは少し趣が違う。だいたいがふと思いついたことを深掘りしたり、突然昔のことを思い出して分析するような内容だ。需要は圧倒的に他のカテゴリより劣るけれど、書いている本…

女の人の方が意思力がある?

「意思力」という言葉の曖昧さは自覚しているけれど、こういうニュアンスというか、字面でなんとなく言いたいことは理解できるが具体的な意味を聞かれると説明しにくい言葉は使い勝手が良い。 つまり会話ではなく一方的に発信するだけのブログのような場所で…

小中学校の先生を今思い出すと大したことない

私も気づけばアラサーになってしまった。 四捨五入すればもちろん、二捨三入しても30歳になる…… 30歳というと、小学校や中学校の頃に教えてもらっていた先生と同じくらいの歳である。 記憶にある当時のシーンを思い起こすと先生たちは大人に感じるが、その先…

月のまとめ記事でも書こうかと思ってやめた

QOL上昇系のブログを見ていると、毎月の終わりにその月の振り返りをするといい的な意見を見ることがある。それはまあ、その通りだとは思う。振り返らないとどんどん忘れていく一方だ。覚えておくほどかけがえのない出来事があるかどうかは別として。しかしな…

ピアス紛失の経緯

最近失くし物多くないか? ただの偶然なら素直に諦められるのだけれど、これが自分の不注意からくるものだとなかなか吹っ切れない。 ちなみに先日AirPodsカバーの蓋を紛失しところである。 www.bildon-yuma.com 「本体ではなく所詮カバーだけの紛失で良かっ…

ブログで手を抜いてること

「おいおいおい、このブログは手抜きなのか!」と、もしも私がこのブログのファンならそう言ってもう読むのをやめるだろう。 とはいえ手が抜かれていることはわざわざ宣言しなくてもちょっと過去の記事を遡ってみればわかることである。 まず文字に色をつけ…

自分で自分に義務を課したのだ

特別お題「わたしがブログを書く理由」 このお題を見た時真っ先に思い浮かんだのが「お金」だった。 とはいえこのブログは月に5,000円程度の利益しか得られていない。 4年近く前、このブログを開設した時からしたら、それでも想像できないくらいの利益ではあ…

やはりブログの更新は朝に済ませた方が良いな

ここ1週間ほど、このブログを23時台という日付が変わるギリギリに更新しがちだった。 しかし昨日は朝8時頃に更新。 ブログの毎日更新はもとい、毎日何かをすると決めている人ならわかると思うけれど、そのやることを後回しにすればするほど、何だか気が重た…

人前で話せない子供だった

今週のお題「苦手だったもの」 今の時代もそうなのかはわからないが、私が小学生の頃には、クラスに1人、いるかいないかくらいの割合で、異常に人前で話すのが苦手な子供がいた。 「異常」という表現は大袈裟かもしれないが、かといって「人見知り」とかそう…

ブログネタの賞味期限

ブログのネタはストックがあるので、記事を書く際は最初にそのストック一覧から書きやすそうなものを選んでいる。 それはそれで楽なのだけれど、そうしているとどうなるかというと、書くのが面倒そうなネタはいつまでも記事にされず、ネタのストックに残り続…