ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

保存するメモ帳を洗濯しちゃったけど乾燥させなかったからセーフ

いつかやらかしてしまうのではないかと考えたことがなかったわけではないのだが、ついにやってしまった。
数ヶ月前に購入してから常に持ち歩いている「保存するメモ帳」をポケットに入れたまま洗濯してしまったのだ。
革製品を洗濯するのは良くないと感覚的に理解しているが、保存するメモ帳は安いメモ帳ではないので、買い直しとなると抵抗がある。
まあ、本当にダメになったら確実に買い直すのだが。
それほどに愛用しているのだ。
しかし、買い直すには至らなかった。
それでもショックはショックだったので、これを教訓に、今後は保存するメモ帳含め、洗濯まえのポケットチェックは欠かさないようにしようと思う。

f:id:bildon:20210906060223j:plain

保存するメモ帳が軽すぎた

まずは、洗濯してしまった原因を考えてみる。
保存するメモ帳は、手帳やメモ帳と違って、折り畳んだコピー用紙を1枚挟むだけのメモ帳だ。
なので紙の重さはコピー用紙1枚分。
メモ帳本体もサイズも、A7サイズまで折り畳んだコピー用紙にジャストサイズなので小さくて軽い。
なので、ポケットに入れたままでも、脱いだときに気づけなかったのだ。
例えば、財布や名刺入れを洗濯してしまった話はよく聞く。
しかし、スマホを洗濯してしまった話は聞かない。
なぜなら、スマホは重さがあるからだ。
服を脱いで洗濯機に入れようとしたとき、ポケットに重たいものが入っていたら気づく
 
付属の手帳用ボールペンを使っていなかったのもある。
保存するメモ帳に付属しているボールペンは、ZEBRAの手帳用ボールペンだ。
見た目はコンパクトだが、重さのあるボールペン。
一方、私はもっと細くてコンパクトなオートのミニモを使っていた。
インクが切れてもいいように、ミニモを2本挿していたのだが、それでも手帳用ボールペンよりずっと軽い。

www.bildon-yuma.com

 

私の保存するメモ帳が軽すぎたせいで気づけなかったのだ。

乾燥させなかったのでセーフ

革製品は乾燥に弱い。
もしも洗濯機で乾燥までさせていたら、かなりのダメージになっていただろう
幸いなことに、私は洗濯機では脱水までしか行わない。

f:id:bildon:20210906060117j:plain

天気に関わらず部屋干しなので、洗濯機で乾燥させる必要がないのだ。
毎日着るようなものも、洗濯の周期に合わせた枚数を所持するか、一晩で乾くような素材のどちらかなので、夜に洗濯して部屋干しで十分である。

www.bildon-yuma.com

 

それが幸いした。
乾燥させてしまったら、わざわざ革製品の専用クリームを購入して手入れしてやらなければいけなかっただろう。
じゃあ乾燥させず脱水止まりなら↑のクリームは不要なのかと言えば、手入れした方が良いに決まっている
ただ、保存するメモ帳を洗濯してしまってからしばらく使ってみても、問題なさそうだった。
現時点で洗濯からひと月ほど経過しているが、特に異常はない。
なので、クリームを買うこともせず、そのまま使い続けている。
もともと紙を挟むだけのシンプルな構造なので、大した機能もないのだが。
 
ただ、一緒に洗濯したボールペンのインクはダメになった
2本挿していたうちの1本が全く出なくなった。
数日前に新しいリフィルに交換したばかりだったので、インク切れというわけでもないはずだ。
まあ、メモ帳本体やボールペン本体がダメになるよりはダメージが小さいので許容する。

戻るまで様子見

と言いつつ、洗濯してしまってすぐに使える状態になったわけではない。
3日ほどはメモ帳が仄かに湿っていて、紙を挟んでも湿気てしまってフニャフニャになってしまった。
それでも、ドライヤーなどで乾かすのはご法度。
水分が自然に抜けるのを待つのが賢明だ。
紙が湿気ても「紙がメモ帳に残っている余計な水分を吸ってくれたんだな」とポジティブに考えるようにしたし、寝るときは紙で挟んで、上にMacBookを重りとして載せて水分を出させていた。
重りを載せていたのは、洗濯のせいで反ってしまったメモ帳を平に近づけるという目的もあった。
結果的に、洗濯から3日後には元通りと行かないまでも、見た目には平になったし、紙が湿気ることもなくなった。
メモ帳の機能としては元通りである。
そして、メモ帳として使えるのなら、何も問題ない。

終わりに

メモ帳としての機能に問題がなかったとはいえ、それなりに値段がするメモ帳を洗濯してしまったショックは大きかった。
 
財布やキーケースなどはMagEasyスタンドにまとめているので、ポケットに入れっぱなしだったら気づけただろう。

www.bildon-yuma.com

 

しかし保存するメモ帳の定位置は「手元」だ。
帰宅したらテーブルの上に置いていた。
いつでもメモするために持っているのだから、どこかに仕舞うということがないのだ。
それが仇になったと言える。
このショックを忘れずに、今後はうっかり洗濯してしまうことのないようにしたい。
本当に、良い教訓になった。
昨年にボールペンを紛失した時のことも思い出す……

www.bildon-yuma.com