ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

8万4549円【2020年10月の支出】

毎月恒例、月が明けたので先月の支出を振り返りつつ、個人的な節約ポイントを紹介していく。

 
各項目の内訳は以下の通り。

f:id:bildon:20201113213015j:plain

 

最も目立つのは「ふるさと納税」
しかし反省すべきは趣味のところだろうか。
持ち物カテゴリー」を見ていただければわかるかと思うが、10月は色々と買い物をした。
 
それらを踏まえて、項目別に振り返っていく。
 
目次
食費【6,644円】
9月の食費がゼロだった反動で、少々高めになってしまった。

とはいうものの1日あたり220円ほどなので、そこまで高くはないのかなとも思う。

ただ、目標の食費は1日100円で月3,000円なので11月はもっと節制したいところ。
食欲との戦いは続きそうだ。
日用品【15,688円】
大きな買い物は寝袋。

 

1万円ほどしたが11月現在、半袖半パンでも暖かく寝れているので、寝袋だけで1年過ごせそうだ。

そう考えれば高い買い物ではなかったと言える。
 
後はキャリーカートと洗濯ネット。
趣味・娯楽【15,657円】
SDカードリーダーをあれこれ試した。 

他にはMagic Keyboardのカバーやヘッドホンを購入。 

 

キーボードカバーのおかげで鞄にMagic KeyboardとiPad miniさえ入れておけば、どこでも作業ができるようになった。

何が良いって、MacBookとほとんど同じ打鍵感でiPad miniでもタイピングできること。
 
ヘッドホンも毎朝使用。
耳に被せるだけなので、AirPodsよりも装着の手間がかからず、自宅でラジオを聴く機会が増えた。
交際費【0円】
こうしてまとめてみて気付いたが、10月は交際費がゼロだった。
とはいえ飲み会には何度か参加している。
周りの人が優しくて感謝!
交通費【1,820円】
月に一度実家に帰るための往復電車賃。
10月は2泊3日で帰ったので、食費と若干の光熱費を節約することに成功。
有給休暇が余るので、今後は積極的に平日に休んで実家に帰省したい所存。
衣服・美容【4,300円】
月に一度の美容院。
まだ月に1回通っている。
徐々に髪も長くなり、毎月の変化が楽しみだ。 

水道・光熱費【3,475円】

電気代は夢の100円台を叩き出した。 

ガスもかなり安く。 

 

ちなみにガス火災検知器のリース代も含まれている。
 
水道代は7月から3ヶ月続いた減免が終了し、通常料金に。
 
総合的にはエアコンの未使用が手伝って、9月よりは安くなった。
通信費【2,995円】
ワイモバイルのプランを変更したので前月までよりも安く。
3,000円を切っているのは気持ちいい。 

住宅【3,750円】
引っ越しにかかった費用。 

運搬などは友人が手伝ってくれたので費用はかかっていないが、10月31日から入居にしたので、1日分の日割り家賃を支払った。
(会社が負担してくれるのは11月からなので……)
税・社会保障【30,000円】
ふるさと納税をした。
5kgの玄米を半年間毎月届けてくれる返礼品。
玄米は私の主食なのでふるさと納税で賄えるのは非常に助かる。 

その他【220円】
SBIネオモバイル証券の月額費用。
総括
支出は8万円を超えているが、ふるさと納税の3万円は家計簿から控除してもいいような項目なので、実質は5万5千円ほどの支出だった。
 
なかなか5万円を切ることができない。
交際費がゼロのチャンス月だったが、少し趣味に走りすぎた印象だ。
 
引越したので、来月からの支出は新居での支出になる。
光熱費がどうなるか楽しみだ。
 
いつかは月4万円以下で安定させたいところ。