ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

アプリや編集ソフトを使わずにYouTubeの動画を左右反転【MirrorTube】

たまにダンスの練習をしたくなる時がある。
別にどこかで披露するわけではないのだが、有酸素運動としてダンスはなかなかやりごたえがある。
  • 上半身と下半身、どちらの動きも必要とする
  • 上達がわかりやすく、モチベーションが維持しやすい
  • 特別な道具を必要としない
  • 自宅でできる(近所迷惑にならない範囲で)
といった理由からだ。(詳細記事↓)
しかし、ダンスといっても何も見ずに踊ることはできない。
かといって、ちょっとした有酸素運動として取り入れているだけなので、わざわざダンス教室などに通うほどのことでもない。
何かをお手本にしながら、一人で練習することになる。
というわけで、YouTubeの踊ってみた動画を見様見真似で踊ることになる。
だが、その動画をそのまま見ながら練習すると、左右の動きを逆に覚えてしまう。
なので、どうにかしてYouTubeの動画を左右反転させたいわけだ。
 

YouTubeの動画を左右反転させるサイト

動画を左右反転させるとなると、真っ先に思い浮かぶ方法は、動画を編集すること。
これが個人で撮影した動画のように、データが手元にある動画であれば簡単なのだが、YouTubeの動画となると話は別だ。
YouTubeの動画を手軽にダウンロードできる方法がない
もちろんソフトやアプリを使えば可能なのだろうが、個人的な趣味の範囲でのダンス練習のためにそれらを導入するのも大げさだ。
 
そんな時に役立つサイトが「MirrorTube」だ。
その名の通り、YouTubeの動画を左右反転させて再生できるだけのサイトである。
トップページに、反転させたい動画のURLを貼って実行すれば、即座に左右反転動画を再生できる。

f:id:bildon:20210503132211j:plain

あくまでもサイト上で再生しているので、再生すればデータ通信が発生する点には気をつけたい。

全てが左右反転

どうやらMirrorTubeは単純にYouTubeの動画プレーヤーを左右反転して表示しているだけのようだ。
動画だけでなく、シークバーや動画タイトルのような映像以外の部分も左右反転している。
なのでプレーヤーの操作も左右逆になる
シークバーを戻そうとして、動画を進めてしまうのはあるあるだ。

f:id:bildon:20210503132143j:plain

設定などはYouTubeと同じ

プレーヤーが左右反転しているだけで、YouTubeと同じということは、各種設定もYouTubeと同じようにできるということ。
特に再生速度も変えられるのはありがたい。
YouTube同様、0.25〜2倍速まで変更可能。
ダンスの練習にはスロー再生がありがたい。

f:id:bildon:20210503132102j:plain

もちろん、この設定も文字が左右反転している。

終わりに

使用頻度は高くないが、ブックマークサイトに入れておくと、どこかで使う機会があるかもしれない。
一種の便利サイトだ。
左右反転させて動画を見たいという場面はそう多くない、というかダンス練習の他に活用できる場面が想像できないが、裏を返せばダンス練習にはうってつけのサイトと言えるのではないだろうか。

今週のお題「おうち時間2021」