ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

ダラダラYouTubeを見るくらいならdアニメストアを契約してやる

いくらYouTubeが無料とはいえ、およそ中身のない、見てもすぐに忘れてしまいそうな、その場の時間つぶしにしかならないような動画ばかり見ていては、お金の節約はできても時間の損失が大きすぎる。
だったら月額440円払ってdアニメストアに入会して、ちゃんとした作品を見ていた方がずっと建設的ではないだろうか。
 

楽天モバイルを契約した

最大月額2980円で、無制限に高速通信ができると言っても過言ではない楽天モバイル。
それを契約したのが動画を見るようになったきっかけだ。
楽天回線エリア圏内であればデータ通信し放題なので、Wi-Fiを使わなくても気軽に再生することができる。
それまでは、Wi-Fi環境でストリーミング視聴するか、事前にダウンロードしておかなくてはならなかった。
なので通信量を気にしたり、ダウンロードを忘れて、外出時は見れないことが多かった。
それが楽天回線エリアにいればダウンロード不要でストリーミング視聴ができるのだから、ハードルはかなり低い。
等倍再生であれば、HD画質でも止まることなくストリーミング視聴することが可能だ。

惰性でYouTubeを見るよりマシ

こんな具合で、通信量を気にせずにどこでも動画を自由に見られる環境になったのだが、その弊害が生まれた。
特に興味があるわけでもないYouTubeの動画をダラダラと見てしまうのだ。
初めは公式チャンネルで見逃し配信されている番組を見るためにYouTubeを開くのだが、オススメについつい開きたくなるような動画がレコメンドされる。
そして、その動画を開くと、また同じように興味をそそるオススメ動画が……。
それを繰り返すうちに、いつの間にか「特に興味があるわけでもない動画を何となく見続けている状況」に陥ってしまう。
いくら無料で見れるYouTubeとはいえ、それに時間を浪費されていては意味がない。
どうせ動画を見るなら、お金を払って質の高い、プロが作った作品を見てた方がずっと良い
というわけで、動画配信サービスに加入することに決めたわけである。

アニメに限れば圧倒的作品数

ではどの動画配信サービスに加入するか。
群雄割拠状態でそれぞれに魅力がある動画配信サービス。
しかし、あれもこれも加入するのは得策ではない。
それぞれに月額が発生するし、いくら通信面で支障がなくなったとはいえ、限られた時間の中でそんなにたくさんのサービスを利用できない。
なので、1つだけに絞ることにした。
そこで選んだのがdアニメストアだった。
その名の通り、アニメしか配信されていないサービスだが、アニメだけに絞っていることで、他にはない優秀さを秘めている。
  • 月額400円+税
  • 放送中の作品が見れる
  • 過去作も豊富
今までの有名アニメからマイナーアニメまで多種多様な作品がよりどりみどりな上に、現在放送中のアニメもすぐに最新話が配信されるので、話題のアニメをすぐに見られる。
もちろん、無料見逃し配信とは違って視聴期限もないので、好きなタイミングで一気に見ることも可能。
これだけのサービスを月額400円+税で享受できるとなると、かなりお得ではないだろうか。

終わりに

節約のためにと以前は契約していた動画配信サービスを軒並み解約したのだが、結果的にYouTubeに時間を奪われる毎日になっていた。
それを月額税込み440円でちゃんとした作品を見れるのならずっといい。
心なしか生活にもメリハリが出てきた気もする。
思えば、全部解約した時よりも、動画配信サービスを契約していたときの方が、上手く時間を使えていたような気がする。
そのあたりはモチベーションの変化をこれから自己分析していこうと思っている。