ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

空っぽの胃袋に1リットルの豆乳(無調整)を流し込む

最近は固形物をできるだけ避けたファスティングに夢中だ。
断食は食欲の我慢が大変だが、逆に食事をしたらしたでもっと欲しくなってしまう。
なので食欲を抑えつつ、食べたものが胃に長時間溜まらないよう、飲み物で軽い栄養補給をしながらのファスティングを行なっている。
ということは昨日記事にした通りだ。
 
しかし休日のファスティングはなかなか厳しい。
そんな状況で、無調整豆乳という新たな可能性を発見した。
 

休日の食事制限はしんどい

今週はかなり調子が良かった。
それはもちろん、胃に負担をかけることなくファスティングできていたからだ。
我慢できないほどの食欲に襲われることもなく——
いや、襲われた。
なんのことはない、平日は仕事をしていたから我慢できていただけだったのだ。
仕事中は、目の前にやらなくてはいけない作業があるし、何より給料をもらっている以上、しっかりと働かなくてはならない。
仕事中にちょっとお菓子を摘むことはあっても、ガッツリ食事なんてできない。
昼休みという食事タイミングもあるが、私コンビニ弁当や外食は割高でお金を使う気になれないので、私はさっさと寝てしまう。
しかし休日となると話は変わる。
なぜなら家にいれば家にある食料に手が届くからだ。
もちろん、いつ、どれだけ食べても誰にも咎められない
それを防ぐためにキッチン収納に食料を入れて、その扉をロックしている。
それでも、ちょっと外に出てコンビニにでも入れば、いくらでも食べものを買うことができる
コンビニが割高で嫌なら、ちょっと足を伸ばして業務スーパーやディスカウントショップまで行けば、安くて美味しいものがたくさん売っている。
どうやらこの誘惑を断ち切るのは難しいようだ。
しかし、誘惑に駆られて業務スーパーの店内を彷徨っていると、ある飲み物を見つけた。
それが豆乳だ。

豆乳の圧倒的栄養

まず迷わず無調整豆乳を選んだ。
今まで調製豆乳しか飲んだことがなかったので不安ではあったのだが、今飲んでいる大豆100%のプロテインよりはマシだろうという判断だ。
パッケージにも「スッキリ飲みやすい」とあるように、実際マシだった。
まあ、ガチの無調整豆乳ほどの飲みにくさではないのだろう。
それでもこの栄養だ。

f:id:bildon:20211023223625j:plain

先日紹介したトマト缶やプロテインに比べればカロリーは高いが、その分栄養も豊富である。
それに豆乳は飲み物だ。
冒頭の通り、食べ物は食欲が刺激されてもっと食べたくなってしまう。
しかし飲み物は液体なのでそのまま胃に溜まる。
腹持ちの良さは別にして、瞬間的な食欲を満足させるにはうってつけだ。
カロリーもあるので、普通に満足できそうだ。
それでも100ml当たり52kcalだ。
しかし、1パック(1L)飲めばその10倍である。
もちろんカロリー以外の栄養も10倍。

一晩で1L飲み切る

我が家には冷蔵庫がない。
常温で保管できるパックの豆乳だが、開封後は冷蔵保存が絶対だ。
だがそれをするための冷蔵庫がない。
だったら答えは1つしかない。
開封してそのまま飲み切る。
というわけで、一晩、正確には15分ほどで1Lを飲み切った
2時間ほどの外出(もちろん徒歩)をして帰ってきたところだったので、喉が渇いていたのだ。
かなり腹ペコだったのだが、流石に1Lも豆乳を飲めば満足した。
それから4時間ほど経過しているが、空腹感はない。
まあ、腹に1Lの豆乳を流し込んだのだから、栄養は別にしても満足してもらわなければ困る。
それでも、520kcalだけだ。
普通の食事にプラスしてこのカロリーは太ってしまうが、今週はプロテインや青汁、トマト缶、塩水といった食事しかしておらず、今日にしても朝にトマト缶を食べただけなので、本日の摂取カロリーは600kcalほど。
これで太るわけがない。

終わりに

とりあえず試してみたといった感じだが、思ったより豆乳を1L飲むのは辛くなかった。
今はまだまとめ買いしたプロテインが残っているが、それが終わったら豆乳に切り替えてもいいかもしれない。
大豆100%とはいえ加工されたプロテインよりも、無調整豆乳の方が体に良さそうだ。
その分カロリーは高いが、そのおかげで胃を空にした状態の調子の良さを維持しつつ、カロリー不足による空腹の苦しみを緩和できそうな期待がある。