ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

1万円のふるさと納税で176杯の青汁がもらえる【愛知県小牧市】

給与所得があるならふるさと納税はやった方が得である。
とは言われているものの、実際は最低でも2千円の自己負担は発生する。
つまり、無理矢理やってしまうと、2千円損してしまう可能性もあるわけだ。
なので、返礼品はしっかりと選ばなくてはならない。
ポイントは、贅沢品ではなく日用品を選ぶことだ。
食品でも、普段食べないような肉よりも、毎日食べる米を選んだ方が家計の助けになる。
 
そんな中で、私が見つけたかなりコスパが良さそうで、家計を助けてくれそうな返礼品が青汁だった。
愛知県小牧市の返礼品である。
 

玄米やきな粉を経て青汁へ

去年のふるさと納税は、返礼品で玄米やきな粉をもらえる自治体にした。
当時は玄米を主食にしていたからだ。
また、きな粉を使って硬い玄米を生で食べるようなこともしていた。
だから玄米ときな粉をもらっていたわけである。
しかし、最近の食生活は大豆がメインになっている。
節分豆でお馴染みの炒り大豆だ。 
しかし、炒り大豆を返礼品にしている自治体は探し出せなかった。
そこで目をつけたのが青汁である。
 
1日1食の大豆生活、オマケに全く何も食べない断食日も少なくない最近の食生活において、青汁は必ずサポートになってくれると感じたのだ。

断食に使える

長期にわたる断食では、酵素ドリンクを飲みながら行うことが推奨されている。
しかし、これがかなりの高額だ。
その代わりになるのが青汁である。
もちろん酵素ドリンクに比べると断食中のサポート力には劣るが、1週間ほどの中期断食であれば青汁だけでも可能だ。
少なくとも、以前に行った水だけの5日間断食よりは楽だろう。 
 
愛知県小牧市の返礼品であるこの青汁は、大麦若葉100%だ。
にもかかわらずこの栄養。

f:id:bildon:20210320213122j:plain

1袋=1杯でこれだ。
これを1日朝と夜の2杯飲めば、数日の断食なら余裕そうだ。

コスパが良すぎる

この返礼品、なんと1万円で176杯の青汁がもらえる。

f:id:bildon:20210320213103j:plain

1日2杯とすれば3ヶ月。1年で4回=4万円の納税で1年間毎日2杯の青汁が飲める。
4万円なら、私の給与所得では上限に余裕で収まっている。
 
楽天のレビューには「賞味期限が近くて在庫処分みたい」といったレビューもあったが、私のところに届いたのは再来年の冬までだった。

f:id:bildon:20210320213045j:plain

176袋なので、1日1杯でも約半年。1年以上持てば十分なところ、2年も持ってくれる。
何の問題もない。

終わりに

去年は、11月のギリギリになって1年分のふるさと納税を行なったため、金額上限まで使い切るために玄米の半年定期便を選んだ。
もっと早くにこの青汁を見つけていればと思う。
2年も賞味期限が持つなら、まとめて注文しても全然大丈夫だったし、他の食べ物と違って、無理矢理大量に頼んでも食べすぎるということがない。
飲み物だし、健康的なものだ。(もちろん飲み過ぎは良くないが)
 
初めてなので毎回なのかどうかは不明だが、ちょっとしたおまけもついてきた。

f:id:bildon:20210320213024j:plain

これも踏まえて、かなりオススメのふるさと納税返礼品ではないだろうか。