ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

必需品だけでなく娯楽品も準備しておきたかったワクチン接種2回目

3日前に2回目のワクチン接種を終えた。
体調は今はほぼ回復。
階段を上ったりすると少しだけ頭が痛くなる。
ジョギングがしたいが、まだ数日は控えておいた方が良さそうだ。
1回目よりも強い副反応が出るときいていたのであれこれ準備はしていたのだが、結果的に準備不足だったと後悔することになってしまった。
ちなみに会場での接種の流れは1回目と同じだった。

準備は万全に

解熱鎮痛剤と食料を買い込んでおいた。

f:id:bildon:20210913204145j:plain

解熱鎮痛剤についてはネットで調べてみると「バファリンルナJ」がいいらしいという情報を得ていたのだが、他の人も同じように調べていたようで、私が行ったドン・キホーテでは売り切れていた。
仕方なく、在庫があった薬の中でワクチンの副反応に対して使えるとされていた「リングルアイビーα200」を購入した。
 
食料品としては鶏ささみ缶詰とポカリスエット。
実際にワクチンを接種した後でないと、食欲があるかどうかわからない。
しんどくて食欲も湧かなかったという人もいれば、やたらお腹が空いたという報告もある。
というわけで、どちらにも対応できるよう、食べなくても保存しておける缶詰。
ツナ缶ならストックがあったのだが、低カロリーで栄養が豊富、かつ食物繊維がまずは消化に良い食べ物として鶏ささみを選んだ。

f:id:bildon:20210913204036j:plain

そして、もしも食欲が無かったときのために、飲むだけでそれなりの栄養補給ができるポカリスエット。
また、発熱による汗で失われた塩分などを手っ取り早く摂取できる。
 
調べていると、冷たいものを飲み食いしたくなったという実体験が多かったのだが、残念ながら冷蔵庫を持っていないので飲み物を冷やすこともアイスを保管しておくこともできない。
というわけで冷蔵保存が必須なものは諦めた。
ポカリスエットに関しては常温で飲める。
どうせ飲むなら冷たいポカリを飲みたいという欲求はあるが……

半日後から倦怠感、1日後から悪寒

夜の8時に2回目のワクチン接種を終えて、その日はおとなしくシャワーを浴びて就寝。
翌朝も注射による腕の痛み以外は普段通り。
腕の痛みも酷いものでは無く、動かす際に少し気になる程度だった。
それが次第に何をするのも億劫になっていて、昼頃には椅子に座ったまま、何もしたくない状態になった。
ただ、眠気は無かったので、YouTubeをダラダラ見て時間を過ごしていた。
図書館で本を借りてはいたのだが、腕で本を支えるのもしんどかったし、文章を読んでいても今ひとつ頭に入ってこなかった。
こんなことならゲオの宅配レンタルで何かDVDをレンタルしておけば良かった。
その日の夜、つまりワクチン接種から丸1日が経過したくらいで凄まじい悪寒がやってきた。
幸いだったのだ、それが夜だったこと。
シャワーを浴びてさっさと寝て、朝起きたら悪寒は引いていた。
頭も体も重たく感じるものの、外出くらいならできる程度には回復。
その日の夜、つまりワクチン接種から丸2日経った頃には体調不良はなくなっていた。

終わりに

食べ物や薬の準備が必要なことはわかっていたが、ワクチン接種後の倦怠感の中でも楽しめる娯楽の準備までは頭が回らなかった。
いくらしんどいとはいえ読書くらいはできるだろうとたかをくくっていたのが失敗だった。
これから2回目のワクチン接種を控えている方は、倦怠感があっても楽しめる、あまり頭を使わず見ているだけで楽しめる映像娯楽を用意しておくといいかもしれない。
動画配信サービスに加入していればそれでいいし、今回のために一時的に加入するのもアリかもしれない。
初めてなら初月無料なんかもあるだろう。
近所にレンタルショップがあればDVDを借りてもいいし、事前にネットレンタルを使ってもいい。
とにかく、頭も体も重くて何もできない中でも楽しめる娯楽が必要だったと後悔した。
飲食物についてはとくに後悔は無し。
結果的にはそこまで冷たいものへの欲求も湧かなかった。
鶏ささみ缶は残っているが、3年ほど持つのでとりあえずストックしておく。