ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

初めから仕事着で家を出ることで仕事場での着替え時間をなくす

着替えるのが面倒くさい。
私生活の着替えはかなり減らすことに成功した。
寝間着をインナーシャツにして、起きたらその上からシャツを着るというものだ。
あるいは、インナーシャツの上に直接上着を羽織る。 
さて、そうやって身支度を済ませても、平日は出勤後にまた着替えなければならない。
私生活での着替えが楽になると、今度はそれ以外の着替えも楽にしたいという考えに至るのは当然だ。
 

履き替え不要でポケットが多いパンツ

幸いなことに、私の仕事は作業着で行うものである。
作業着の上は羽織るだけでいいので、今まで通りインナーシャツの上に上着を羽織るスタイルで通勤すれば、上着を脱ぎ変えるだけで済む。
なので、課題はパンツだ。
上着を脱ぎ変えるのに比べると、ズボンを履き替えるのには少々手間取る
なので、着替えが不要のパンツを初めから履いておくことが必要となる。
そこで目を付けたのが、ワークマンの「AERO STRETCHカーゴパンツ」だ。

ポケットが多い

なぜ「AERO STRETCHカーゴパンツ」に目を付けたのかというと、ポケットが多いからに他ならない。
また、色も黒色なので、見た目には作業着であることを感じさせにくいのもポイントだ。
 
なぜポケットが必要なのかというと、手ぶらで出勤したいからだ。
左右に1つずつのポケットだけでは、とても足りない。
また、鍵はカラビナタイプのキーリングでベルトループに引っかけるので、ベルトループも必須だった。
まあ、作業着のカーゴパンツであればそれなりのポケット量もベルトループもあるのだが「AERO STRETCHカーゴパンツ」の速乾性と1900円という安さに惹かれた

一晩で乾く速乾性

通勤に履いて、そのまま仕事中も履くとなると、平日の5日間ずっと履き回すのは衛生的に難がある。
だったら2着持っておいて着回せばいいのだが、仕事のためのパンツを2着も持ちたくないというのが本音だ。
プライベートの私服なら着たい服を好きに着るので、気に入ったものなら何着でも持っていたいが……
そんなときに効果を発揮するのが「AERO STRETCHカーゴパンツ」の速乾性である。
夜に洗濯して一晩干しておけば、朝起きてすぐに履ける
それぐらい乾くのが早い。
これなら1着しか持っていなくても平日毎日使える。
夜に洗濯する習慣のある私にはぴったりだ。

終わりに

といった具合で、かれこれ2週間ほど「AERO STRETCHカーゴパンツ」で出勤して、そのままで仕事をしているが、何も問題ない。
むしろパンツを履き替える必要がなくなって、ぐっと楽になった。
更衣室に入ったら上着を脱ぎ変えるだけ、時間にして30秒ほどしかかからない。
 
今回はたまたま私の仕事が作業着で行うものだったので、ワークマンの作業ズボンが適当だった。
例えばスーツで行う仕事なら、ワークウェアスーツ当りが有名だ。
作業着のカーゴパンツに比べるとポケットの数は少ないかもしれないが、普通のスーツパンツよりは優れている。
 
毎日仕事前に着替えている方は、初めから着替えが不要な服を着て自宅を出るように変えてみると、想像以上に楽になる。
着替えが不要な分、家を出る時間を遅らせることだってできるのだから。