ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

節約か健康か、ジム通いの継続に揺れる

月8000円ほど支払ってジムに通っています。
1日あたり250円ほど。
 
安くはありません。
果たしてこの出費は私にとって必要なのか、真剣に考えていきます。
 
先に結論を言うと……
うだうだ悩んでる時点でやめるべき
 
では、上の結論に至った経緯を述べさせていただきます。
 
なぜジムに通い始めたのか
当時の私はジョギングが趣味でした。
毎日走りたい。走るのが気持ちいい。
雨の日も走りたい。ジムなら屋内なので毎日走れる。
 
というわけで、私はエニタイムフィットネスに入会したのです。
 
24時間いつでも使えるコンビニフィットネス。
走るだけならトレーナーも必要ないので十分でした。
どの店舗でも使えるので、仕事や図書館の帰りに立ち寄れるのも魅力的でした。
 
次第においてあるマシンにも興味を持ち始め、せっかくお金を払っているのだからと、ドレッドミル以外のマシンも使って筋トレを始めます。
 
ところが、それは長くは続きませんでした。
 
体を動かすとお腹が空く
当然のことです。
ましてや筋トレをするようになると、筋肉を効率的につけるために食事量を増やす必要もありました。
一時期は毎日鶏胸肉を食べていたのですが、投資に興味を持ち始めたのがきっかけで節約に目覚めました
 
節約の中で、健康に必要な最低限の食事量を心がけるようになります。
そんな状態でジムで体を酷使しても逆効果です。
 
節約をとるか筋肉をとるか、何度も揺れ動きました。
食事を増やして休日はジムに篭ったり、食事を減らしてジムではストレッチしかしなかったり。
 
迷いながら、一つのパターンにたどり着きました
 
最近の私はジムで何をしているのか
毎晩ストレッチをしています。
特にふくらはぎと太ももを伸ばすと気持ち良くて、その日の夜は寝つきも良いです。
 
また、節約生活もかなり熟練していて、食費は月5000円ほどとなっています。
当然、必要最低限の健康状態を維持するための食事量なので、激しい運動はご法度な状態です。
 
ここで冒頭に戻ります。
1日250円ほどのお金がかかっています。
250円払ってストレッチするためだけの場所を使っている状況。
さらには私がよく通う店舗ではストレッチゾーンは2人分のスペースしかなく、タイミングによっては待ち時間が発生します。
 
生活の変化によって、いつの間にか会費に見合った運動をしていない状態になっていたのです。
 
それぞれのメリット
もしもジムをやめたら……
そんなことを考えることが増えました。
考えれば考えるほどメリットに気づきます。
  • 月の支出が8000円減る
  • ジムに行けなかった日の「もったいない、損した」という気持ちがなくなる
  • 帰りにジムに寄るために運動着を持って出勤する必要がなくなる
しかしジムにももちろん利点があります
  • 運動するのに最適な環境
  • 「お金を払っているから」というのがモチベーションになる
  • ストレッチマットやマシンの手入れがいらない
  • シャワーが使える→私は潔癖気味なので使ってませんでした
裏を返せば、上記のジムの利点を他で埋め合わせることができれば、何の躊躇いもなくジムをやめることができます。
 
ジムのメリットを他で埋める
まずは環境の問題です。
ジムをやめるとして、どこで運動をするのか。
「家」か「外」。
試しに先日、公園でストレッチとスクワットをして見ました。
  • 10箇所以上虫に刺される
  • 人目が気になる(私の精神力の問題)
  • 立ってできる運動しかできない(体や服を汚して家に帰りたくない)
私には外での運動は向いていないようです。
 
ならば家でやるしかありません。
  • 汗をかくと掃除が必要
  • 家を出なくていいのですぐにできる
  • 服装を気にしなくていい
家でどうにかなりそうな気配を感じます。
 
環境を「家」に定めたら、残る問題は「モチベーション」と「道具・器具」です。
 
ストレッチのモチベーションは「お金」から「健康」にシフトさせます。
幸いなことに、今の私はストレッチの重要性に気付いていて、ストレッチをしないと気持ち悪いと感じるレベルになっています。
つまり、すでにストレッチしないことの方にストレスを感じるようになっているのです。
では筋トレはどうでしょう。
こちらのモチベーションは「お金」のままです。
ただし「節約」のために筋トレをしている状況を作ります
説明は省きますが、筋肉をつけると基礎代謝が上がり、寒さに強い体になります。(かなり極論)
なので私は冬を夏服+ジャケットくらいで過ごせるようになることを目標に、筋トレをします。
冬場の洗濯物の量を減らせるので僅かですが節約効果もありますし、洗濯物を干すのも楽です。
衣替えをしなくてよくなるのもいいですね。
若干無理やり筋トレに対するモチベーションを「節約」に押し付けた感じは拭えませんが、今の私がそれで納得できて筋トレを続けられるのなら何でもOKでしょう。
 
続いて「道具・器具」
ミニマリストを目指しているので、家トレのために持ち物を増やしたくはありません。
となれば、立ったまま道具なしでできる運動を選ばなければなりません。
幸いなことに、今はYouTubeなどでいろいろな運動方法を見ることができますので、困ることはないでしょう。
 
とりあえず家トレを試してみる
そういえばエニタイムフィットネスには「休会」というシステムがあったはず……

しかしどうやら休会期間中でも費用がかかるようです。
それでも月1100円なら安いと思えますが、使っていないジムにお金を払い続ける状態がバカバカしい。
私のように迷っている人を縛るためのシステムにしか思えないのですが……
 
やはりここは潔く退会する方がスッキリできそうです。
休会にしていると、復帰という選択肢を常に残した状態になるので、ジムに甘えてしまうかもしれません。

判断が遅かったようです。
今退会しても退会となるのは翌月末日、つまり8月から。
となると、退会は来月の上旬にするとして、しばらく家トレお試し期間にした方が良さそうです。
 
  • 家トレでいけると思ったけど難しかった
  • 家トレの中でやっぱりジムの方がいいなと思い始める
そんな可能性は十分に考えられますので、残り2週間ほど、実践の中で考えていきたいと思います。
 
考えるのが面倒くさい
最後になりますが「私は1日250円払ってジムに行くことに納得しています」と自信を持ってハッキリと言えないのなら、スッパリやめてしまった方が楽かもしれません。
あれこれ悩んでいる時点で、納得できない部分があったのでしょう。
 
こうやって記事にまとめてみましたが、こんな悩みを頭の片隅に置いておくと間違いなくストレスになります
 
 
物ではなくサービスですが、これも一つの断捨離ですね。