ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

McAfeeの契約は更新せずTrue Keyだけプレミアム版に

McAfeeのウイルス対策ソフトを3年契約していたのだが、この度、期限が切れた。
当時の私なら迷わず更新していただろうが、今回は更新を見送り。
別に高いわけではないし、他のウイルス対策ソフトと比べても標準的な金額。
だが、ウイルス対策がそこまで必要かと問われると、微妙なところだ。
ただ、パスワード管理アプリのTrue Keyについては、便利に使わせてもらっているので、True keyのみプレミアム版にした。
 

McAfeeなら台数無制限でサービス充実

そもそもどうして数あるウイルス対策ソフトの中でもMcAfeeのを契約していたかというと——
  • 利用台数が無制限
  • パスワード管理アプリも使える
という2点があった。
 
他のウイルス対策ソフトだと、台数に制限があり、利用台数が多くなるほど金額も高くなる。
当時の私は
  • iMacとMacBookの2台持ち
  • iPad ProとiPad miniの2台持ち
  • iPhoneとAndroidの2台持ち
という2台持ちのオンパレードのような状態だった。
これだけの台数全てにウイルス対策を導入しようと思えば、台数無制限のMcAfeeがお得であることは明らかだった。

対策が必要な端末が減った

では、どうして今はMcAfeeのウイルス対策が必要なくなったかというと。
まず、今はPCはMacBookだけに、iPadはminiだけにしている。
スマホは変わらず2台持ちだが……
合計で4台、といいつつ、自宅にネットの契約をしておらず、ネットはAndroidに入れている楽天モバイルのSIMだけでほぼ補っている状況。
全ての端末にウイルス対策が必要とはいえなくなっていた
 
というわけで、わざわざMcAfeeに固執しなくてもよくなったわけだ。
しかし、私がMcAfeeを利用していた理由にはもう一つ、パスワード管理アプリもある。

True Keyのみプレミアム版に

McAfeeのサービスに含まれていたパスワード管理アプリの「True Key」を利用していた。
今まで蓄積されたログイン情報がある。
 
パスワード管理アプリで有名な「1Password」の年額プランは3,900円だ。
1Passwordには買い切り版もあるが、アプリがアップデートされないことや、今後サブスク方式のみになる可能性も否めない。
 
年額で比較すると、McAfeeのTrue Keyの方が金額が安い
よって、McAfeeは契約を更新せず解除して、True Keyのみ有料版に移行することにした。
 
True Keyに無料で保存できるログイン情報は15個。
だからといって、期限が切れてもTrue Keyに保存されている情報が消えることはない。

f:id:bildon:20210506094040j:plain

ただ、これ以上は保存できなくなるので、どのみち今後も利用するならプレミアム版への移行か、他サービスへの乗り換えが必要になるだろう。
その場合は、設定画面から情報をエクスポートしておくといい。

f:id:bildon:20210506094027j:plain

引き続きTrue Keyを利用するなら「契約を更新」からプレミアム版へのアップグレードを行う。

f:id:bildon:20210506094015j:plain

年間2,526円、月換算すると月額210円程度
これでサイトごとに別々の複雑なパスワードを設定できて、それを覚えておかなくても管理してくれるというのだから、安いものだろう。

f:id:bildon:20210506093959j:plain

終わりに

パスワード管理ソフトは多々あるが、ウイルス対策で有名なMcAfeeから提供されているTrue Keyであれば、安心感も強い。
どれもこれも同じパスワード、それも覚えておけるような単純なパスワードで管理する危険性を考えれば、月当たり210円ほどの負担でそれを回避できるのは安いと思える。