ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

目指せミニマリスト

念願叶って引っ越すことになりました。
引越しといえば荷物をまとめなければいけません。
ミニマリストを目指して日々断捨離している私なら余裕!
と思っていたのですが……
 
まだまだ甘かったようです。

この写真に写っているもの+洗濯機が今の私の持ち物全てになります。
予想以上の物量……
もっとミニマムな生活をしているつもりだったのですが。
 
せっかくこうして全ての持ち物の量を把握できたので、ミニマリストになるための今後の課題を探っていきます。
衣類が嵩張る
私がミニマリストを目指し始めたのは今年のゴールデンウィーク頃だったので、まだ怖くて冬服を処分できずにいます
それがまあ嵩張ること。
冬服は分厚いので夏服の比ではありません。
 
今は仕方ありませんが、今年の冬はできるだけ夏服や春秋物の重ね着で乗り切って、春になったら着なかった冬服を処分してやるつもりです。
 
そしてスーツ類。

ネクタイや革靴もです。
会社員なので仕方がないですが、仕事でしか着ない服、使わないアイテムを家に置きたくないというのが本音です。
いつか仕事を辞めて、こういった仕事関係のものをまとめて捨てたい物です。
見栄えの悪いストック
冒頭の写真の中に、明らかに雑な扱いをしているものがあります。
他はちゃんとしたリュックやバッグ、ケースに入っているのに、1つだけ小さな段ボール箱が。

ここには洗剤や石鹸などのストックが入っています。
なんと愚かなことでしょうか
過去の私は安さに惹かれて大容量の詰め替えやまとめ買いを行っていたのです。
結果、中身は半分以上使っているのに容器は変わらず大きい詰め替えパックや、何年後に無くなるかわからないまとめ買いしたストックのために、こんな段ボールの小箱を使う羽目になったのです。
 
今の私はまとめ買いやストックをせず、都度買いの方が良いと考えています。

大型家具がないのが救い
幸いなことに、今の私は大型家具を持っていません。
大型家電も洗濯機だけ。
寝具は寝袋と枕。 

机もIKEAに買い取ってもらいました。

最も大きいのは室内用物干しですが、コンパクトに折り畳めるものを購入したので、畳めば片手で運べるサイズ・軽さになります。

 
しかし洗濯機だけは手放せません。
コインランドリーだとお金がかかりますし、雨の日は行くのが面倒です。
私は洗濯は月・水・土の週3回と決めて、それに合わせた最小限の衣類やタオルしか持っていないので、そのスケジュールが狂うのは困るのです。
役立つグッズ
一方で、あってよかったアイテムも少なくありません。
その中でも特に活躍したものをご紹介。
 
まずは先日紹介したキャリーカート。

重たい荷物を楽々運び出し、最後には洗濯機の運び出しもこなしてくれました。
MVPは間違いなくキャリーカートです。
そして縁の下の力持ち的な役割を発揮したのが結束バンド。 
マジックテープ式で何度でも使える上に、そのマジックテープも安っぽいものではなく、かなりしっかりと留まります。
ケーブルを束ねるのはもちろんですが、先述のメタルラックのパーツがケースの中でバラバラにならないように固定したり、畳んだ室内物干しが広がらないように固定したりと、多岐にわたる活躍ぶりでした。
まとめ
この引越しで家賃の高さから解放されます。

 

それにしても、こうして荷物を全て出してみると、思っていたよりも嵩張るものです。

今まであれこれ処分したり、コンパクトなものに買い替えたりしてきましたが、まだまだミニマリストへの道は先が長いようです。
それゆえにやりがいがあるのですが。
次に引っ越すことがあればもっと荷物を減らせるように、今後も積極的に持ち物と向き合っていきます。
 
とりあえずの教訓としては
  • 衣類を減らす
  • まとめ買いはせずストックを作らない
ということでしょうか。