ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中

菓子パンの誘惑を断ち切るために1日だけ好きなだけパンを食べる

今までの食事制限はなんだったのかというくらい、10月に入ってからの食生活が乱れています。
軌道修正をすればいいのですが、一度解放された食欲は凄まじいもので。
しかし野放しにはできないので、決着をつけました
 
具体的に何をしたのかというと、これで最後と決めて、1日で馬鹿みたいにパンを食べてやりました。
そして次の日からは質素な食事にシフトさせることに成功。
どうにか元の質素な食生活に戻れそうです。
ここ最近の食生活
まず、9月は食費をゼロ円にできないかチャレンジしました。
結果としてはゼロ円にできたものの、続けることはできないし、周囲に無駄に迷惑と心配をかけるだけです。
心身ともに疲弊して行きますし、はっきり言って数千円の食費をケチるためにやるような行為ではありませんでした。 

 
そして10月は毎日その日に食べたいものを買って食べよう。
そうすれば1食あたりの金額も明確になるし、節約意識も高まるだろうと考えたわけですが、全くそんなことはありませんでした。
欲望のままに安売りのパンを買いあさり、翌日の分に買ったパンまで1日で食べてしまう始末でした。 

 
こんなことではいけないと、安くて量があるパスタを買って食べていたものの、食べても食べても空腹は増すばかり。
挙げ句の果てになんだか軽い頭痛にも襲われ始めました。 

 

パンの誘惑
このままではいけない。
そう考えて、もっと体に良い純粋なものを食べようと決めたわけですが、パンを食べたい欲求が凄まじく高まっていました。
味気ないパスタに汚染された体を清める前に、最後にパンを食べておきたい
これで最後にしよう。
そう決めて、近所のスーパーで買ってきました。

これだけ買って500円もしませんでした。
どうせ1日で食べるのだからと、賞味期限が当日の安売りパンに的を絞って購入したからです。
「最後の晩餐」ならぬ「最後のパンさん」を始めましょう。
 
あんぱん(粒あん)

値段が値段だけに、中身がぎっしりとは行きませんが、口の中に広がる餡子の甘さは十分です。
 
チョココーティング+ホイップクリーム

凶悪な組み合わせです。
チョコとクリームという別々の甘味をパンがうまく結びつけてくれます。
 
クリームパン
個人的にクリームパンが菓子パンの王道だと考えています。
あんぱんと同様、中身ぎっしりではありませんが、今の私には十分です。

昼と夕方に分けて買ってきたパンは全て食べました
非常に満足です。
500円ほどでパンを買って幸せな気分になれるのなら安いものかもしれませんね。
まあ、バカ食いはこれが最後なので次はないはずですが。
タンパク質を求めて
甘くて美味しいものを食べると幸せになる反面、頭と体は重たくなります。考えるのも動くのも面倒な状態。
YouTubeを開いて延々と動画を見ながらだらだらと時間を浪費してしまう状態です。
 
この状況を打開するため、翌日はタンパク質を食べました。
納豆です。

3パック(450g)を購入。
100円もかかっていません。
3パック全てお椀に投入しかき混ぜます。
 
そして、業務スーパーで買った1kgのキムチが残っていたので投入。

納豆もキムチも発酵食品なので、なんとなく体に良さそうな気はします。
 
翌日は卵を1パック(10個)購入。

賞味期限が近い冷凍の坦々麺をもらったので、卵を茹でつつ沸騰したらラーメンを投入。
水を切って容器に移したら坦々麺のタレをかけて完成です。

写真は1人前。
この後もう1玉+ゆで卵2つ食べました。
坦々麺は置いておいて、結果的にゆで卵を一晩で5つ食べたわけですが、やはりタンパク質は違います。
パスタはいくら食べても満腹感を得られませんでしたが、卵はタンパク質の塊みたいなものなので、5つも食べれば満腹です。
 
貰い物のうどんがあったので、次の日も似たような食事です。昨日と違うのは卵が生なことくらい。

ラーメンにはゆで卵、うどんには生卵というイメージがあります。
やはり卵を食べると満足できます。
10個入りで150円ほどなので1日5つ食べたとしても75円。
100円も使わずに満腹になれるのだから卵のコスパは抜群ですね。
今後の計画
やはりタンパク質を食べれば満足できることがわかりました。
コスパの良いタンパク質といえば卵か豆腐でしょう。
卵を5つ茹でて食べてもいいですし、湯豆腐もいいですね。
しかし「豆腐を3パック買う」と決めて買い物に行かなくてはいけません。
そうしないと、うっかり安売りされているパンを買ってしまう恐れがありますから。
 
全く、10月は自分の意思の弱さを思い知らされます……