ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

Ankerの直挿しApple Watch充電器が期待を超えてこなかった

最も充電に困るのがApple Watchである。
毎日、そうでなくても2日に1回は充電しないとバッテリーが持たないので、旅行などに行くとなると充電器を持って行かないといけない。
しかしApple Watchには専用の充電器が必要なので、普通の充電ケーブルとは別で余分に持ち歩くことになる。
そうなると、できるだけコンパクトに持ち歩きたくなるものだ。
そんな需要に応えてくれる商品がAnkerから発売されている。
ケーブルレスで、ACアダプタなどに直接挿すだけの充電器。
コンパクトさではトップクラスだ。
ケーブルがないので、ガジェットポーチなどに気軽に放り込める。
これは買いなのでは、と思って実際に買ってみたのだが、いざ実物を使ってみると、色々と不満があった。
結果的に手放すことにしたのだが、その経緯をまとめておく。
 

最小限の小ささに惹かれて

今の私は旅行などに出かける際は、Apple Watch専用のモバイルバッテリーを持っていく。
多少かさばるものの、ケーブルレスだし、iPhoneなど他の端末の充電で電源が埋まっていても充電できるのが魅力だ。
しかしサイズだけならAnkerの直挿し充電器の方がコンパクトである。
私が使っている横並びのACアダプタだと横の端子に挿しているケーブルに干渉しそうなものだが、以前MacBook用に購入して紹介したL字変換アダプタを使えば綺麗に横に逃すことができる。

f:id:bildon:20211229140739j:plain

これこそオールインワンで携帯性も抜群の組み合わせ、に見えるだろう。
しかし現実はそうもいかなかった。
充電器が薄いため、若干浮いてしまうのだ

f:id:bildon:20211229140703j:plain

この状態でApple Watchを充電すると、重さで端子に負荷がかかってしまう。
それは大した負荷ではないかもしれないが、一度気になるとずっと気になるものである。
まして、L字変換アダプタを介している分、負担も増している。

f:id:bildon:20211229140715j:plain

 
私が購入したのはtype-Cのものだが、type-Aの同製品もある。
これなら端子が太いので丈夫そうだが、type-Aには表裏があるので、挿す場所によっては上下逆になってApple Watchを充電できない可能性がある。
type-Cなら表裏関係なく使えるし、今後はほとんどの製品がtype-Cになるだろう予測は容易なので、買うならtype-Cをオススメする

純正より大きい

さて、コンパクトだコンパクトだとはしゃいでいるが、実は充電部分は純正ケーブルよりも大きい。

f:id:bildon:20211229140510j:plain

ケーブルがないのでコンパクトに扱えるというだけだ。
ただ、この純正より僅かに大きな直径が私は気になった。
なぜなら、私は充電器をMagEasy収納スタンドに設置したいからである。
MagEasy収納スタンドは磁石を利用して立体的に小物を収納できる、いわゆる「見せる収納」なのだが、Apple Watchの充電器も裏面に磁石がつくので、それを利用してボードにつけている。
さて、Ankerの充電器で同じようにしようと思ったのだが、裏面に磁石がつかない
厳密にはつくことにはつくのだが、とにかく弱い。
まず、裏面が平らではないのだ。

f:id:bildon:20211229140350j:plain

そして表面もツルツルしている。
MagEasyボードにつけることは可能だが、Apple Watchをつけると、その衝撃や重さですぐに落ちてしまうのだった
理想としては、普段はtype-Cの延長ケーブルを介してMagEasyボードに設置、旅行などの際には充電器の部分だけを外してガジェットポーチに入れるという運用を考えていたのだが、残念ながらそれはできなかった。
できたとしても、見た目には充電部分が小さな純正ケーブルの方が綺麗だ。

結果モバイルバッテリーでいい

さて、持ち運びを前提として購入したわけだが、私が使っているACアダプタとは相性が悪く、L字変換アダプタを使わないと隣のケーブルと干渉する上、自重による端子への負担も気になる。
となると、携帯用には今まで通りApple Watch専用モバイルバッテリーの方が使いやすい。
 
だったら自宅での使用はどうかというと、裏面に磁石がつかないのでMagEasy収納ボードとの相性は最悪。
使い所がなくなってしまった。
もちろん、使用方法や組み合わせるアイテムによっては便利に使えるのだろうが、私のApple Watch充電環境には向いていなかったようだ
 
というわけで、今後も自宅は純正ケーブル、携帯にはモバイルバッテリーでいくことにする。

終わりに

幸いだったのは、AnkerのこのApple Watch充電器が人気製品だということ。
欲しがっている人はたくさんいる。
私の会社にも欲しがっている人がいたので、その人にほぼ定価で買ってもらうことができた。
ほぼ新品だったことと、ちょうどAmazonで売り切れていたタイミングだったからだ。
Anker製品は知名度と信頼度が高いので、ちょっと試して合わなくても捌きやすい。
買ったのは結果的に失敗だったが、損失はほぼゼロにすることができた。
記事本文内でも述べたように、使い方によっては便利なのは間違いないので、後は自分の使い方にどれだけマッチするかだ。
まあ、私のように買ってみてダメならうまく手放せばいいだけのことである。
なので、今のApple Watch充電環境に満足していないなら、気軽に購入して試してみてもいいと思う。