ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

封筒に何円分の切手を貼ればいいかわからないなら最安でとりあえず送る

ポストに投函した封筒が帰ってきた。
切手が足りなかったらしい。
84円切手を貼って送ったのだが、重量超過で94円必要だったらしい。
今の状態に10円分の切手を貼ってもう一度送ればいいとのこと。
これには驚いた。
 
郵便局まで持って行って、仕分けの段階で料金不足になり、わざわざ送り主の住所に返してくれた。
これだけでもそれなりの労働のはずだが、それに対する料金は発生していないということだ。
こうなると、重さがギリギリで切手の値段に悩んだら「とりあえず安い方で送っておけばいいや」となるのだが……
 

料金不足で帰ってくる

先日、定形郵便で送ったはずの封筒が、郵便受けに帰ってきていた。
84円切手を貼って送ったのだが、足りなかったらしい。
A4用紙4枚だけだったので、てっきり25g以内に収まっているものと思っていたが、超えていたのだ。
25g以内なら84円のところ、それを超えて50g以内になると、94円必要になる。

f:id:bildon:20210316220617j:plain

 
ご丁寧に、10円不足してるので、追加の切手を貼って再送するように書かれた紙が貼られて郵便受けに帰ってきた。

f:id:bildon:20210316220555j:plain

かなり親切だ。
わざわざ送り主の元に戻すだけで84円切手がダメになるくらいの労力がかかっている気がするのだが。
 
だったら、重さがギリギリで悩んだときは、とりあえず安い方で送っておく
返ってきたら改めて追加の切手を貼って送った方が、余分に切手を買わなくて済むというものだ。

不安があるなら郵便局に持ち込む

送り直しなどせず一回で済ませたいなら、郵便局に直接持ち込むという手もある。
一方、どうせ切手代を払うなら、少しでもポイント還元がある手段で買いたいとうのが本音だ。
だから私は切手はセブンイレブンでnanaco払いで買う。

 

 
また、一度送って、料金不足で帰ってきたのをもう一度送り直すと、それだけ時間がかかる。
すぐに届けたいのなら、郵便局に持ち込むか、ギリギリの重さなら、値段が高い方の切手を貼っておく方が賢明だ。
さんざん節約を謳ってきたが、結局は数十円の話である。
本当に大事なことが何か見失わないように気をつけたい。

終わりに

家に秤があれば自分で測って、ちゃんとした料金の切手を貼ることができるのだが、あいにく持っていない。
数十グラム程度の重さなら、スマホ画面に置いて感圧で重さをざっくり測ってくれるアプリとかないのだろうか。
なんて考えて試しに調べてみたらあった。
iPhoneの3Dタッチを利用して、画面に置いた物の重さを測れるサイトらしい。
 
まあ、私のiPhoneは初代SEなので対応しておらず、どのみち使えなかったわけだが……
使える方は活用できそうなサイトではあるので、よろしければ。