ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

布団に入ってからなかなか眠れないならラジオはいかが?

最近は気づいたら寝ている。
耳元のスピーカーから聞こえるラジオに耳を傾けていると、いつの間にか寝ているのだ。
 
布団に入って横になり、寝る準備は万端。
なのに眠れない……
そんな日は珍しくない。
珍しくなかったのだが、ラジオを聴きながら寝るようにしたら、そんな日はなくなった。
 

考え事をしてしまう

寝たいのに眠れないのが具体的にどういう状況かというと、ざっとこんな感じだ。
  • その日の嫌な出来事が頭の中に繰り返される
  • 考え事をしていたら頭が興奮状態になる
  • 眠れないことを不安に感じて「眠らないと」と焦る
などなど……
 
共通しているのは、何かを考えてしまっている点。
何も考えず、目を閉じて横になっていれば、いつの間にか眠っているものだ。
しかし、何も考えないということが難しい
ましてや、寝る姿勢というのは横になって体を動かさず、目を閉じて視覚情報が遮断された状態なのだから、動かせるのは頭くらいだ。
頭を働かせてしまうのも仕方がないと言える。
 
人間は考える葦である。
考えない人間はただの葦だ。
起きている以上、何事かを考えてしまう。
それが健全だ。

なぜラジオなのか

原因が考え事であるとわかっていれば、解決策は単純だ。
考え事をしない環境を作ればいい。
 
問題は方法である。
先述の通り、寝るためには体を動かさず、目を閉じる必要がある。
残っているのは頭、それと耳と鼻だ。
だからリラックスできる音楽やアロマなど、耳と鼻からアプローチする快眠法が紹介される。
 
そんな中、私がオススメするのがラジオだ。
なぜラジオなのか、その理由を説明する。

飽きない

毎日新しい音楽やアロマを用意するのは難しい。
かといって、毎日同じ音楽や香りに包まれていても、やがて飽きてしまう。
  • 音楽を聴きながら寝ようと思ったのに「この曲の気分じゃない」と曲送りをしていたら眠れなくなった
  • アロマディフューザーを買ったが準備や手入れが面倒で使わなくなった
というような経験はないだろうか。
 
必ず眠くなれる音楽や香りがあるのなら、それを使えばいい。
そうでないのなら、下手なことはせずにラジオを聴いた方が良い。
テレビと同じように、毎日新しい放送をしている。
パーソナリティーやコーナーが同じでも、内容が毎回違うのだから飽きることはない
 
リアルタイム放送でなくても、radikoアプリなら無料で過去1週間まで遡って番組を聴ける。
radiko

radiko

radiko Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 
聴ける番組は限られるが、ラジオクラウドという、過去の放送を端末にダウンロードして聴けるアプリもある。
ラジオクラウド

ラジオクラウド

Hakuhodo DY media partners Inc.無料posted withアプリーチ

ただ、後述の理由でradikoの方をオススメする

退屈な時間がある

ラジオクラウドだとカットされているが、ラジオにはCMや楽曲が挟まれる
テレビを見ていたらCMの間に眠ってしまったことはないだろうか。
退屈な時間は眠くなるものだ。
それを利用する。
 
ラジオから流れる興味のないCMや楽曲を聴いていると、自然に眠くなる。
というか、気づいたら寝ている。
先のテレビの例にしたって「CMの間に寝よう」とは思っていないはずだ。
なのに寝てしまう。
 
完成されたパッケージである音楽に対して、そういう退屈な時間を、自動的に生み出してくれるのがラジオだ。

まとめ

私はいつも、録音したラジオをiPhoneの純正ミュージックアプリで流して眠りにつく。
タイマーを30分に設定しているので、流れっぱなしになることもない。
 
普段は再生速度をいじれるアプリで聴いているが、寝るときはあえて等倍。

普段より喋りがゆっくりに感じられるので、より眠気を誘ってくれる。

 
ラジオはテレビよりも番組数が圧倒的に多いので、入眠に最適なラジオを探してみてはどうだろうか。