ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

このタイミングで「iPhone 12 mini」へ買い替えた理由

3年ほど初代iPhone SEを使っていたのだが、iPhone 12 miniへ買い替えた。
別に初代iPhone SEに限界が来たとは感じていないし、あと1年は使えそうな感覚だったのだが、タイミング的に今が買い替えどきだと判断した。
そして、最新機種がiPhone 13であるにもかかわらず、iPhone 12を選んだのだ。

f:id:bildon:20211114072128j:plain

もちろんこれには理由はある。
 

買うならminiがいい

ずっと初代iPhone SEを使ってきたので、その小ささに慣れ切ってしまった。
一般的なサイズの(大型には分類されていないような)スマホを手に持っても大きいと感じるほどだ。
なので、iPhoneを買い換えるなら「絶対にmini」にしようと思っていた
まあ、iPhoneにminiがラインナップされるようになったのは昨年のiPhone 12からなのだが。
 
しかし「買い換えるならminiがいい」というのは、買い替えの理由にはならない。
なぜなら、小ささならいまだに初代iPhone SEがトップクラスだからだ。
iOSの更新もまだ対応されているので、現役で使い続けることは可能である。
なのにどうして今なのか。

miniを買うラストチャンス?

噂だが、miniがiPhone 14からラインナップされなくなるという話。
完全に信用してはいないが、その可能性もあると思っている。
もしも来年からminiがなくなるのであれば、iPhone miniシリーズは12と13だけになってしまう。
つまり、このどちらかを手にしなければ、miniを手に入れる機会を失ってしまうかもしれない
そんな焦りがあった。
もちろん、来年も変わらずiPhone 14 miniがリリースされれば問題ない。
そのままminiが定着して、常に最新のiPhoneにはminiもラインナップされる状態になることを望む。
 
さて、では同じminiで12と13のどちらを買うかだ。

カメラよりも薄さと軽さで12

現在リリースされているiPhone miniは12と13だ。
ではその違いは何か。
上記のサイトが詳しいが、13になって大きく進化したのはカメラ、特に動画撮影に関する性能だ。
一方で、iPhone 13よりもiPhone 12の方が僅かに薄い。
そして軽い。
厚さ0.25mm、重さ7gという無視してもいいような差だが。
しかし「よりmini」であることを追求するなら、iPhone 12の方が適している
そして、前述の通り私は初代iPhone SEに慣れ切っているので、できるだけ小さい方が嬉しい。
だからiPhone 12を選んだ。
 
それに、カメラ機能が13より劣っているとはいえ、今まで不便なく使っていた初代iPhone SEよりも性能が上がっているのだから、何も心配はないのだ。
 
来年、iPhone 14がリリースされたとするとiPhone 12は販売終了してしまうだろう。
「12miniならもう少し薄くて軽かったのになあ……」と思いながら新しいiPhone miniを使うなんて御免である。
なので、買えるうちにiPhone 12 miniを買っておこうと思ったのだ。

終わりに

  • miniシリーズがiPhone 14からなくなる
  • 12と13なら12の方が薄くて軽い
  • 来年には12が買えなくなる
これが、今のうちにiPhone 12 miniを買っておこうと考えた理由である。
 
それでもサイズ的には初代iPhone SEには劣るが、これくらいの差であれば十分だろう。

f:id:bildon:20211114071918j:plain

むしろ需要を理解してminiもラインナップしてくれるようになったAppleに感謝だ。
願わくば、今後もminiの展開を続けてほしいところ。
 
ちなみに容量については128GBにした。
買い替え前のiPhoneも60GB程度しかストレージを使っておらず、それで十分なのだ。