ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

Mac版ネットラジオ録音Xで保存した番組をAndroidで聴く

ラジオの音楽番組を録音してスマホに保存しているのは今までに何度か記事にしてきた。
 
今回は、それをスマホで聴く方法だ。
ネットラジオ録音Xには録音した番組を自動的にMusicアプリにエクスポートしてくれる機能がある。

f:id:bildon:20210601234148j:plain

iPhoneとの同期設定でアルバムやプレイリストを同期する設定にしておけば、録音後にiPhoneと同期するだけで番組をiPhoneにコピーして聴くことが可能だ。

f:id:bildon:20210601234207j:plain

では、録音した番組をAndroid端末にコピーして聴くにはどうすればいいだろうか。
 
Androidで同じことをしようとすると一手間必要だ。
なぜなら、普通にMac版ネットラジオ録音Xで番組を録音すると、ファイル形式がM4Aになるからだ。
残念ながら、AndroidでM4Aファイルの再生に対応しているプレーヤーアプリでまともに使えるものは少ない。
対応方法は主に3つ。

初めから対応形式で保存

ネットラジオ録音Xには、指定のファイル形式で自動的にエクスポートする機能がある。

f:id:bildon:20210601234236j:plain

これをオンにして、手持ちのAndroid端末で使っている音楽プレーヤーアプリで対応しているファイル形式にエクスポートしてやれば、録音後にそのファイルをAndroid端末内にコピーするだけでいい。

再生に対応したアプリを使う

いちいちAndroidのためにファイルを変換して、2種類の拡張子でそれぞれデータを管理するのは作業時間も容量も無駄だ。
Android側でM4Aファイルを再生できるプレーヤーを使った方が手っ取り早い。
そこで私が使っているのが「Poweramp」という有名アプリ。
有料アプリだが、買い切りなので一度購入すれば使い放題だ。
Poweramp

Poweramp

Max MP無料posted withアプリーチ

注目したいのは拡張子が.m4a形式の音楽ファイルも再生できること。

f:id:bildon:20210601234415p:plain

MacユーザーであればM4A形式で扱うことがほとんどなのでありがたい。
余計な変換は必要なく、MacやiPhoneのために録音したM4AファイルをそのままAndroid端末にコピーするだけでPowerampから再生できるということだ。
アプリ内でプレイリストを作るのはもちろん、アルバムや検索結果から再生することで、目的の番組だけを連続で聴くことができる。
その辺りはさすが有料アプリといったところ。
音楽プレーヤーとして必要な機能は一通り備えている。

データはクラウドかメディアで

上記2つの方法は、ファイル形式がなんであれ、Mac内に保存されたファイルをAndroidへ転送しなければならない。
ケーブルで繋いでMac内のデータをAndroidへコピーは普通の方法ではできない。
できるようにする手段もあるのだが、別にファイルをコピーするくらいならそこまでのことをしなくてもいい。
クラウドストレージなら無料プランの容量でも、ファイルの受け渡しぐらいはできるだろう。
Macからコピーして、それをAndroidで端末内にコピー、その後クラウド内のデータを削除すれば、大きな容量を必要としない。
もっと手っ取り早いのはメディアを使うこと。
使っているAndroidのコネクタに対応したmicroBかUSB-CのUSBメモリやSDカードリーダーを使えば、オフラインでデータの受け渡しができる。

クラウド音楽サービスは便利だが……

最も手間がかからないのがこの方法。
一度アップロードしてしまえば、他の端末でも聴けるし、ストリーミング再生なら端末の容量も使わない。(通信量は増えるが)
有名どころで言えばYoutube Musicだが、こういったサービスはあまりオススメしない。
いつまでも無料で使えるとは限らないし、突然の仕様変更に対応させられたり、いつ何が起こるか分からないからだ。
実際、Google Play MusicからYoutube Musicへの移行騒ぎで懲りた。
やはり、データとして持っておく方が扱いやすいし安心できる。