ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

アニメソングや声優の楽曲が好きなら「Anime & Seiyu Music Night」を聴こう

音楽を聴くよりラジオを聴いた方が飽きが来ないということは何度か記事にしている。
それでもトークより音楽が聴きたいなら、そんな人にもオススメできるラジオが音楽番組だ。
楽曲を流すのが中心でたまにパーソナリティーが喋るというラジオ寄りの番組もあれば、完全に楽曲を流すだけというプレイリストのような番組もある。
 
そんな中で私が毎週欠かさずチェックしている番組が「Anime & Seiyu Music Night」だ。

www.radionikkei.jp

基本はトークなしで楽曲が流れるだけで、月に一度だけDJがパーソナリティーを務める回がある。
どちらのパターンも程よく楽しめるようになっている。
番組名の通りアニソンや声優の楽曲がメインとなるが、そこに興味があるなら確実に楽しめる音楽番組ではないだろうか。
 
というわけで、私的「Anime & Seiyu Music Night」の魅力を紹介する。
 

テーマを楽しむ

毎回なんらかのテーマに沿った楽曲(もちろんアニソンや声優にまつわるもの)を流すという、よくある音楽番組だ。
しかし、このテーマが毎回面白い。
特定のアニメシリーズや声優をテーマにする王道パターンもあれば、イベントや季節にちなんだ独特な選曲もある。
誕生日が近い声優がいれば、その人の楽曲だけで構成されることも珍しくない。
かと思えば、少々強引なこじつけに思えるテーマもある。
例えば今年のゴールデンウィークにはゴールデンにちなんで「ゴールデン縛り」なんてことをやっている。

f:id:bildon:20210602225953j:plain

 
これはこれで意外性があったり、今まで全く意識していなかった共通点が見つかったりと発見が多い。
 
また、番組内でテーマが明かされないのも特徴だ。
テーマとオンエア曲は放送終了後のタイミングに合わせてホームページで公開される。
オンエアを聴きながらテーマを推測してみるのも楽しい。

月に一度のDJ回

「Anime & Seiyu Music Night」の特徴は月に一回、アニソンDJ・中村瞳子さんが担当する回があることだ。
時期に沿ったテーマで選曲しつつ、DJらしい絶妙な繋ぎが聴けるのが嬉しい
間に選曲理由や、曲への思い入れを語ってくれるので、興味がない曲でも聴いてみたくなる。
 
このDJ回では曲をフルで流すことは少なく、テンポよく楽曲が切り替わるので、好みの曲が見つかることが多い。
そしてやはりその繋ぎがうまいので、繋ぎの部分が聴きたくて何度も聴き返してしまう。

録音してプレイリストに

普通にradikoのタイムフリーで聴取するのもいいが、オススメは録音だ。
一度ソフトを買ってしまえば、簡単にできる。
「ネットラジオ録音X2」というソフトを使った録音についてはこちらの記事で、録音したファイルをスマホにコピーする方法についてはこちらの記事で詳しく書いている。
 
番組内のCMは最後の1分だけなので、連続再生をしても気にならない。
それでもCMが邪魔なら簡単な編集ソフトで削除してもいいだろう。
カットだけなら簡単だ。

終わりに

とりあえず、radikoのタイムフリー機能は無料で使えるので、試しに聴いてみるといいだろう。

radiko.jp

 
曲を買ったりサブスクで毎月お金を払わなくても、自分の好みに合った楽曲を流すラジオ番組があれば、それを録音して保存する方が個人的には気楽だ。
スマートプレイリスト機能があればアルバム名に「Anime & Seiyu」を含むとかで条件設定してやれば自動的に作成されるし、プレーヤーアプリに検索機能があるなら同じく「Anime & Seiyu」なんかで検索してやればいい。
私はAndroid端末に保存しておいて「seiyu」で検索→シャッフル再生をしている。

f:id:bildon:20210602230056p:plain

プレイリストを作らなくても、毎週録音した「Anime & Seiyu Music Night」をスマホに保存しておけば自動的にプレイリストに新しい楽曲が増えていくというわけだ。
また、自分で楽曲を選ばないので曲を探すのに時間を使わなくて済む。
番組制作陣が本気で考えた選曲を楽しみにするだけである。
 

今週のお題「わたしのプレイリスト」