ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

メモ魔はMacにEvernoteを入れておくと捗る

Macでの作業中、急にメモを取りたくなった時どうしていますか?
メモアプリに切り替えたり、キーボードから手を離してペンで紙に書いたりすると、作業が途切れてしまいます。
 
私はEvernoteの「Evernote Helper」という機能を使って、アプリの切り替えをすることなくメモを残しています。
 
今回は、この「Evernote Helper」という機能に絞って、魅力をご紹介します。
 
目次
 
何ができるのか
Evernote Helperはメニューバーで動く機能です。

このように、メニューバーからメモを書き込める見にウインドウを呼び出すことができるようになります。
Evernote以外のアプリを使用している時でも素早く呼び出して、簡単なメモを残すことができます。
また、テキストだけでなくドラッグ&ドロップで画像も残すことができます。
はっきり言って、この機能だけでMacにEvernoteアプリを入れておく価値があると私は考えています。
 
設定方法
Evernoteアプリの環境設定「全般」の項目に「Evernote Helper」に関する項目があります。
「メニューバーにEvernote Helperを表示」にチェックを入れればメニューバーにEvernoteのアイコンが追加され、いつでも使用できるようになります。
また、Evernoteアプリを起動していない時でも「Evernote Helper」を使えるようにも設定できます。
とりあえず関係する3つの項目全てにチェックを入れておけば、困ることはないです。

 
ショートカットですぐに呼び出す
続いては環境設定の「キーボードショートカット」の項目を見ると、各種ショートカットを自分の好きなキーに設定することができます。
その中の「クイックノート」が、先ほど設定した「Evernote Helper」ことです。
ここに押しやすいキーを設定しておくことで、いつでもメモができます。
まさにクイックノートという名前にふさわしいです。
ここで押しやすいキーを設定するのは必須でしょう。

 
一時的なメモに最適
Evernoteの機能である以上、簡単にメモが取れてもEvernoteに保存されるので、結局Evernoteアプリを開かないとそのメモにアクセスできないのでは、と考えるのが普通かもしれません。
しかし違います。
実はこのクイックノート「Evernoteに保存」を押すまで、記入した内容がクイックノートに残り続けるのです。

例えば、クイックノートにメモをして、「Evernoteに保存」を押さないまま、作業に戻ります。
そして別のアイデアが浮かんだのでクイックノートを開きます。
するとそこには、先ほどのメモが残っているのです。
つまり、このクイックノートはEvernoteに素早くメモを保存できると同時に、Evernoteに保存せずクリップボードのように使えるのです。
  • 作業用のテキストを書いておいて、必要な時にクイックノートからコピー
  • 調べ物をしながら関連するメモを書き足していき、最後に「Evernoteに保存」を押して一つのノートとして保存
  • 一時的なパスワードをメモしておく
  • 保存するほどじゃないけどキープしたい画像をドラッグ&ドロップ
などなど、他にも活用方法はたくさんあるかと思います。
 
スクリーンショットもEvernoteに
先述の「キーボードショートカット」項目に、スクリーンショットに関するショートカットがあります。
「選択部分かウインドウをクリップ」と「画面全体をクリップ」です。

もしかすると、Mac標準のスクリーンショット機能を使っているかもしれませんが、Evernoteのスクリーンショットの方が格段に使いやすいです。
なぜなら、画像も先の通り、保存するまではクイックノートに残るからです。
クイックノートにスクリーンショットを入れて、ドラッグ&ドロップで他のアプリの挿入することも可能です。
 
録音もできる

マイクのアイコンがあるのでわかるかと思いますが、録音までクイックノート内でできてしまいます。
いちいち専用のアプリを起動することなく、ワンクリックで録音できます。
文字を打つのが面倒なら声で記録することも可能です。
 
まとめ
今回はEvernoteの数ある機能から「Evernote Helper」にフォーカスしてご紹介しました。
 
メニューバーからテキストのメモだけでなく画像を残したり、スクリーンショットや録音までできるとなると、その機能だけでも一つのアプリとして扱ってもいいくらい優秀です。
しかしこれが「Evernote」というアプリの機能の一つとして提供されているのですから驚きです。
 
本当に便利な機能で、私がEvernoteからMicrosoftのOneNoteに乗り換えようと思った時も、この機能があるからという理由でEvernoteを継続することにしたくらいです。
 
この機能がある以上、私はEvernoteユーザーであり続けると思います。