ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

アプリでキーボードをロックしてMacBookの上で作業する

たくさんの書類を広げてMacBookで作業しているとき、MacBookの画面を見ながらメモを取りたいとき、喫茶店でMacBookを広げているとき——
「キーボードの上で作業できたら……」と思うことがある。
それができれば机が狭くても何とかなるし、何かするためにMacBookを机の奥や横に移動させなくていい。
そんな要望を叶えてくれるアイテムがコクヨから出ている。
そこで今回はこの商品を紹介——
するわけがない
 
いくらキーボードの上で作業したいからといって、わざわざこんな商品を持ち歩くなんて、私が目指すミニマリストの姿ではない。
要はキーボードの上で作業してもキーが押されないようにすればいいんだから、キーボードをロックするアプリを使えばいいのだ。
というわけで紹介するアプリは「KeyboardCleanTool」
 

キーボード掃除用アプリ

「KeyboardCleanTool」はその名の通り、キーボードを掃除するときに使うアプリだ。
といっても、アプリによってキーボードがロックされるだけ。
アプリが勝手にキーボードを綺麗にしてくれるなんてわけはなく、アプリを起動するとキーボードを押しても何も反応しなくなるので、その間にキーボードの拭き掃除をしよう、というもの。

f:id:bildon:20211116061450p:plainアプリの起動画面だ。

左側のアイコンがオレンジ色になっているのが、キーボードをロックしている状態。
「Start cleaning mode immediately after starting this app」にチェックを入れていると、アプリを起動するとすぐにキーボードロック状態になる
解除したい時は「Click to stop cleaning mode / unlock the keyboard!」をクリックすればいい。
アイコンが青色になる。
これがロックしていない状態だ。

f:id:bildon:20211116061520p:plainあるいは、アプリを終了してもロックは解除される。

私は「BetterTouchTool」の設定で4本指で下にスワイプすればカーソル下のアプリを終了するよう設定しているので、この操作でアプリを落としてロックを解除することが多い。

f:id:bildon:20211116061536p:plain(キーボードをロックしていてもトラックパッドは反応する)

 
同じく「BetterTouchTool」で「KeyboardCleanTool」を起動するショートカットキーを設定しているので、「KeyboardCleanTool」をドックに表示したりせず、ロックしたい時はそのショートカットキーを押せばすぐに起動する。
そして、前述の起動時にロックを設定している。
つまり、ショートカットキーを押すだけでキーボードをロックできるようにしているのだ。
しかし、キーボードを掃除する機会はそう多くない。
にもかかわらず、こうしてすぐに起動→ロックできるようにしているのは、他の用途があるからだ。

MacBookの上で作業したい

さて、キーボードをロックできる「KeyboardCleanTool」が掃除の時しか使えないわけがない

サイトを見ながらメモやノートをとる

f:id:bildon:20211116061619j:plain

トラックパッドは操作できるので、検索はできないが開いたページをスクロールしたり、別のタブやアプリを表示することは可能だ。
もちろん紙を直接キーボードの上に置くとガタガタなので、ノートを使うかクリップボードや下敷きの上で筆記することにはなるが。

ちょっと辞書で調べ物

辞書は常に手元に置いておくには大きいし、机の上で広げると場所を取る。
必要なのは語句を調べる一瞬だけ。
そのために目の前のMacBookを移動させたり、MacBookの横に辞書を広げるスペースを作ったり、重たい辞書を手で持ったまま広げたり、そんなのは御免だ。
キーボードをロックして、その上で広げればいい。

f:id:bildon:20211116061638j:plain

書類のスキャン

書類をスキャンしたいけど机の上が書類だらけでスキャナーを置くスペースがない。
いいや、キーボードの上がフリーだ。

f:id:bildon:20211116061659j:plain

スキャン中の作業はキーボードを使わずトラックパッドだけでできる。
一通りスキャンし終えてスキャナをしまってから、ロックを解除してスキャンした書類のデータをまとめて整理していく。

終わりに

こんな具合に、キーボードをロックするだけで、キーボードの上であれこれできるようになる。
これが私の「KeyboardCleanTool」活用法だ。
MacBookのキーボードの上で作業するなんて考えたこともないし、することもないという方も、キーボードを掃除するときに普通に便利なのでインストールしていてもいいかもしれない。
特にMacBookユーザーはキーボードを単体でオフにすることができないので、意外と重宝するだろう。