ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

【脱Evernoteプレミアム】ブログ記事を作るだけなら無料プランでも十分

Evernoteのプレミアムプランを解約しようと考えている。
ここ最近のアップデートで使いづらくなったのが理由だ。
 
それでも便利であることには変わりないのだが、月額500円ほどを支払ってまで使い続けたいサービスではなくなった。
その辺は個人の価値観にもよるだろう。
少なくとも私はこれを機にEvernoteのプレミアムプランを解約して無料プランに移行することに決めた
 
そこで、今までEvernoteプレミアムに任せていたあれこれを他のサービスで代用する必要がある。
まずは、ブログ記事の作成から他の手段を考えていく。
 

下書きは純正メモ

まずは簡単な下書きをAppleの純正メモアプリで書いていく
何よりも同期が早くて助かる。
他のクラウド同期型サービスを使っても、すぐに他の端末には反映されない。
そこはさすがAppleの純正アプリと言える。
 
AndroidやWindowsでは使えないのが欠点だが、どのみち私のメイン端末はApple製品で統一されているので問題ない。
 
純正ゆえのアクセスの早さも魅力だ。
iPhoneやiPadならコントロールセンターから即座に呼び出せる
Evernoteで言うところの「FastEver」に近い機能だ。
 
コントロールセンターからアクセスした時の挙動も設定で変えられる。

f:id:bildon:20201207222046j:plain

最後に開いていたメモに追記するか、新しいメモを作成するか。
私は「常に新規メモを作成」にして、あとから別のフォルダに分類している。
ブログネタ用のフォルダを見ながら、記事に起こすネタを決めるのだ。
 
ただ、メモ内に写真や画像を挿入した状態ではてなブログの執筆画面にコピペしても画像が反映されない。
画像のアップロードに関しては他の手段を考える必要がある
 
それと、記事に貼り付けた時の文字サイズの小ささや行間の狭さも気になった。
今までのEvernoteからの貼り付けに慣れているだけかもしれないが、あまり読みやすいように思えなかった。
 
また、太字や下線はできるが、文字色や細かい文字サイズの指定も純正メモではできない。
なのでフォントははてなブログの執筆画面で調整する必要がある。
しかしそれはまた面倒な話だ。
 
純正メモアプリはあくまでも簡易的なメモでしかない。
そのまま投稿できるレベルの記事を仕上げるのは難しいだろう。
ただ、下書き専用として見れば優秀である。
端末間の同期も早く、テキストベースで書き進めるにはもってこいのツールだろう。

画像はGoogleフォトにアップロード

前述の通り、純正メモに画像を貼り付けても、それをはてなブログの記事作成画面でうまくコピペできない。
そこで登場するサービスが「Googleフォト」だ。
 
はてなブログにはGoogleフォトとの連携機能もある。
連携を済ませればGoogleフォトにアップロードした画像を直接指定して貼り付けることができるのだ。

f:id:bildon:20201207222123j:plain

しかしGoogleフォトは来年の6月から無制限のアップロードサービスを終了すると発表されている。
無料プランだと15GBの容量しか使えない。
しかしブログで使う分には関係ない。
 
記事に使いたい画像をアップロードして記事に挿入。
そうすればはてなフォトダイアリーにアップロードされるのでGoogleフォトからは削除してOKだ。
これでブログ用の写真でGoogleフォトの容量がいっぱいになることはない。
 
簡単なトリミングや文字挿入などを済ませたら画像をGoogleフォトにアップロード。
記事に貼り付けたらGoogleフォトからは削除
それだけだ。
 
iPhone、iPad、Macのどれからでもアップロードできるので端末間の連携もバッチリである。
前述の純正メモに合わせてApple製品を挙げたが、別にAndroidやWindowsからも使える。

清書はやっぱりEvernote

脱Evernoteとは言いつつも以前紹介した通りEvernoteでブログを書く流れは便利だ。
文字装飾や写真の挿入まで済ませて、そのままはてなブログの執筆画面から対象のノートを選んで貼り付ければ、そのまま公開できる。
他のサービスも検討したのだが、この点ではEvernoteがベストだと個人的には考えている。
 
なので、ブログの清書には今後もEvernoteを使うことにした
Evernoteは無料版だと同期できる端末が2台に限定される

f:id:bildon:20201207222233j:plain

しかしiPadとMacBookの2台で同期できれば十分だ。
純正メモから下書きをコピペして、文字色やリンクなどの装飾を加えるだけなのだから。
 
Evernoteは無料プランになった途端に月間アップロード容量が60MBだけになってしまう
なので、写真は前述のようにGoogleフォトから直接はてなブログ執筆画面で貼り付ける。
Evernote内の清書には「画像を入れる」などのメモを書いておいて、ハイライトなどで目立つようにしておけばいい。
それなら画像の挿入し忘れも防げるだろう。
 
月間60MBと言えどテキストだけの清書であれば事足りる。

まとめ

ここまでで紹介した流れをまとめると次のようになる。
  • 純正メモアプリでテキストだけの下書き
  • 下書きをEvernoteに貼り付けて文字装飾などを加える(あとから画像などを貼り付けたい箇所にはメモを入れる)
  • 使いたい画像を編集してGoogleフォトにアップロード
  • はてなブログの執筆画面でEvernoteから貼り付けて画像をGoogleフォトから貼り付け
  • 過去記事や商品リンクの挿入
  • 記事を公開
  • 使い終わった画像をGoogleフォトから削除
これならEvernoteにはテキストだけで画像などがない、容量の小さいノートしか作らなくて済む。
それに端末間の同期は純正メモとGoogleフォトに任せているので、Evernoteの同期は無料プランの2台で十分だ。
 
Evernoteを使うのは下書きが十分にまとまって、あとは文字装飾や画像を整えて公開するだけという状況。
あくまでも投稿直前の清書をEvernoteで作るだけで、そこまでの作業は他のサービスを利用している。
 
この流れを1週間ほど試しているが、特に不便は感じない。
ブログ記事作成に関してはEvernoteのプレミアムプランに頼らなくてもやっていけそうだ。