ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

休日は積極的に薄着で外を散歩する

ここ数日は外を散歩する機会が増えた。
単なる運動で済ませるにはもったいない効果があるように思う。
頭もスッキリするし、ずっと机に向かって考えていても出なかった答えが不意に降りてくることもある。
机に向かっているはずなのに有意義な時間の使い方ができていない気がして悩んでいる方は、一度散歩をしてみて欲しい。
 

部屋に籠るのも考えもの

今の私は自習室を契約していて、休みの日は朝7時〜夜23時まで自由に出入りできる。 

となると休日は1日中自習室に籠っていれば快適な環境で作業ができる!
そう思っていたのだが、違っていた。
 
快適な環境にずっといては怠けてしまうし、Wi-Fi環境もあるので、ちょっと息抜きにYoutubeを開こうものなら、うっかり時間を奪われかねない。
 
もちろんやる事が明確にあれば作業が捗るのだが、それより前の状態「何をすれば良いか考えること」を机に座って行うのは生産的ではない
閉ざされた空間で頭を悩ませていてもアイデアは湧いてこないものだ。
 
休憩にトイレに立った時や、シャワーを浴びているとき、目的地に向かって歩いている時にふっと湧いてくることが多い。

考え事は外を歩いて

というわけで、最近は積極的に外に出るようにしている。

f:id:bildon:20201206212549j:plain

私はすでにお決まりの散歩コースが仕上がっていて、小一時間ほど息抜きに歩いている。
近所の公園を散歩するのだ。
広めの公園なら外周を延々にぐるぐると歩いていられる。
実際、犬の散歩やジョギングでぐるぐる回っている人も多い。
 
要は使い分けである。
外を散歩しながら考え事をする。
アイデアや閃きはスマホにサッとメモを残す。
自分がわかる簡単なメモで十分だ。
なんなら音声メモでも構わない。
 
そうして何かまとまりそうなことや、実際に行う作業が明確になれば自習室に戻って一気に進める。
行き詰まったり、ゴールが見えなくなったらまた散歩に出る。
その繰り返しだ。
少なくとも、机の前で腕を組んで考えているよりは効率的だと実感している。

眠気覚ましになる

机に向かっていて眠くなったときは、とりあえず外に出て軽く散歩すればいい。
外の空気を吸うだけでも一気に眠気は覚めるはずだ。
 
そもそも、机に向かっているのに眠くなる時点で、作業は捗っていないのだろう
だったら、いったん置いておいて、気分転換に外に出たほうが何か得るものがあるかもしれない。

せっかくなら薄着で

12月現在、外は肌寒い。
空調が効いた室内から外に出ると尚更寒く感じるだろう。
しかし、そこで厚着を決め込んではいけない。
 
散歩を日課にしている方ならわかるはずだが、たかが散歩といえども有酸素運動である。
20分ほど歩いたくらいで体が暖かくなってくる
特に下半身、脹脛のあたりだ。
ここで冬物の厚いズボンを履いていると、熱がうまく逃されず、籠ったような気持ち悪さを覚える。
 
対して上半身はそこまで暖かくならないので、軽く上着を羽織っておいたほうが得策だ。
個人的には春秋ものの薄手の上着でも構わないと思っている。
 
どうせ冬空の下を歩くのなら、できるだけ薄着の方がオススメだ。
体を寒さに慣れさせよう。
体温調整能力を高めるのだ。
 
最近はどこも空調が効き過ぎている。
せっかく持って生まれたはずの体温調節能力が衰えてしまう。
ちょうど公園を歩いていると、半袖半ズボンで走り回っている子供が見れる。
それが本来の姿だ。
取り戻そう。
そうすれば冬しか着ない上にクローゼットでかさばる冬服を減らすこともできる。

程よく疲れる

運動をすると疲れてぐっすりと眠れるものだ。
子供時代を思い出せば理解してもらえるだろう。
1日に何度も散歩をしていると疲れる。
筋トレやジョギングなどのハードな運動とは違う疲れ方だ。
もちろん、普段していないのにいきなり長距離の散歩をすると筋肉痛になるが、すぐに慣れる。
 
そうなれば痛みのない疲労しかないので夜も気にせず眠れる。
それだけでメリットとなり得る。
 
朝から散歩ばかりすると日中に眠気に襲われて逆に効率が下がるのでは、と思う方もいるかもしれない。
仕事ならそうだろう。
やりたくないことをやっているのだから、眠気に負けても責められない。
 
しかし休日となれば話は別だ。
好きなことを好きなだけできる時間だ。
少なくとも私はそんな休日を目指している。
そして、好きなことをしていれば眠気など忘れてのめり込むものだ。
だから問題ない。
それでも眠くなるのなら、また散歩に出ればいい。
歩いていれば眠ることはない。
そして夜は早めに床に着けばいい。
さぞかしぐっすり眠れることだろう。
それはそれで健康的なのでOKだ。

まとめ

こんな具合で、最近はすっかり外を散歩することにハマってしまった。
しかし問題点もある。
あまり散歩を中心とした生活習慣を組み立ててしまうと、雨の日にプランが崩れてしまう。
その辺りは今後の課題として残っている。
裏を返せば、雨天でない限り散歩はいつでもできる。
頭もスッキリするし運動にもなるし、まさに一石二鳥だ。
 
公園で走り回る子供を見ていると、なんだか元気になれる。
外を歩いていると、子供時代の活力を取り戻せそうな感覚を得られるのだ。
これは部屋にこもっていては感じられない。
それだけでも散歩してみる価値はあると思う。
運動だとかアイデアだとか何も気にせず、とにかく歩いてみればいい。
理由は人それぞれかもしれないが、結果的に気分が良くなるはずだ。