ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中

エアコン無しに夏を乗り切るのは無理だね

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

先日「まだ今年はエアコンのクーラーを使ってないぞ!!」という趣旨の記事を書いたところでこれである。

 まあ、どうせエアコン無しで夏を乗り切るのは無理な話で、いずれは使う時が来るのだろうとは思っていたけれど。
記事にしてすぐに「使いましたー」だと私の意思が弱いみたいに映りそうだ。
実際のところ弱いのでその認識で間違いない。
流石に暑くて寝苦しいし、シャワーを浴びた直後からうっすらと汗をかいてしまうような状態だったので。
明らかに生活に支障をきたしているな、と感じたので素直に使った。
きっかけは先日の休日。
朝と夜ならまだ……、と思っていたわけだが、流石に日中は30℃を大きく超えて、四捨五入したら40℃じゃんみたいな気温になってしまった。
平日なら空調が効いた会社にいるから気にならないけれど、その日にたまたま家で作業をしていて、暑くて暑くてとても作業ができない、気持ちが乗らない、ぐでんとしてしまう状態だったのでクーラーをつけた。
で、日中につけてしまうとなかなか消せなくて、結局その日は一日中つけていた。
しかし夜になって、シャワーを浴びて、薄着で過ごしているとだんだんと肌寒くなってきたので、その日は寝る前に消した。
しかし一度つけてしまうと何か気持ちの面での制御が外れてしまうのか、少し暑いと感じたらクーラーを使ってしまうような状態になってしまった。
だって、明らかに快適なんだもの。
しかし設定温度は27℃である。
比較的高めだと思う。
去年は22℃とかにしていたような……
それはもっと猛暑、8月とか9月とかの話なので、結局今年もどこかのタイミングでその設定温度にしてしまうのかもしれないけれど。
今のところは27℃で快適である。
扇風機を一緒に使っているからかも知れない。

 先に述べたが、クーラーなしで夏を乗り切れるとは思っていない。
扇風機との併用により、例年より設定温度を高めにして乗り切れればまあ節電としては上々だろう。
とか言っておいて、結局来月あたりに「22℃じゃないと無理だね!」みたいな記事を書いているかもしれないのだけれど……
それと、クーラーを使うなら出かける前にちゃんと消すようにしないといけない。
消し忘れてからの帰宅時の喪失感はとんでもないので……

 春と秋にエアコンを全く使わない時期が挟まるから、出かける前に消すという習慣が毎回リセットされる。
お気をつけて。