ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中

ジモティーでガンガン不用品を手放そう

当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

不用品はできるだけ売ってお金にしたいと思うのが普通だ。
しかし、お金にしようと思っていてはいつまでも手放せないものもある。
厄介なのはそれほど価値がないのに体積だけ大きいアイテムだ。
ケーブルボックスとか、安物の家具とか。
フリマアプリで手放そうとしても送料を加味したらとても売れないような値段で出品しなければならなくなる。
不用品買取業者に頼もうにも、そもそもそこまで価値のあるものではないので、結果的に回収量を取られて損になる可能性もあるわけで。
手放したいけど手放すのが面倒だったり金銭的にプラスにできないなら、無料で手放すのが手っ取り早い。
そこで使えるのがジモティーだ。

地元のフリマアプリ・ジモティー

地元のフリマアプリ・ジモティー

JIMOTY, INC.無料posted withアプリーチ

過去に何度か使っているのだが、久々に利用してみてやっぱり快適だった。
ジモティーでは間に配送業者を噛ませず、出品者と購入者で直接会って品物を手渡しする。
だから梱包の必要なく、フリマアプリよりも手軽だ。
専用の箱を買ったり、気を遣って緩衝材で包んだりしなくていいわけだ。
適当なビニール袋に入れてそれを直接渡せば済む。
また、というかこれがジモティーの真骨頂なのだが、品物を0円で出品することができる。
つまり「譲ります」だ。
これなら捨てるのが勿体無いものや、そもそも捨てるのにもお金がかかる大型家具なんかも無料で手放せる。
そして、0円で出すと1日もしないうちに引取りを希望するメッセージが届く。
「こんなもの欲しい人がいるのか?」と思っても、意外と「0円なら欲しい」という人もいるようだ。
例えば少し試してみたいとか。
それに、もともと0円で手に入れたものなら、使えなかったとしてもまた0円で手放せばいいわけで。
大きくて値段が安いものを手放すのには良い。
0円で渡してしまうなんて勿体無い、という気持ちさえなければだけれど。
最近だと座椅子を手放した。

 ニトリのゲーミング座椅子に役目を奪われて完全に不用品と化していたからだ。

 まあ、ゲーミング座椅子も不用品になりそうな気配があるのだけれど、それはまた別の話……
気をつけたいのは「どうせジモティーで簡単に手放せるから」と財布の紐が緩んでしまうことである。
手放すのは結果であり、買う前の検討はしっかりしていきたい。
そもそも買ったものを不用品として手放す時点で買い物に失敗していることの証でもあるのだから。

地元のフリマアプリ・ジモティー

地元のフリマアプリ・ジモティー

JIMOTY, INC.無料posted withアプリーチ