ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中

LIFEBOOK UH KeyboardはWindowsユーザーにオススメ?

届いてすぐにやや批判的な記事を投げてしまったので、フォローの意味合いも込めて、良いところも紹介する。
ちなみに、批判の対象となったのは主にApple製品に繋いで使用する場合に感じる不便さであり、それ以外で、特にWindowsに繋いで使う分には、かなり優秀なモバイルキーボードではないかと思う。

マウスいらずのタッチパッド

LIFEBOOK UH Keyboardのタッチパッドはキーボードの下に配置。
ノートPCと同じ見た目になっている。

f:id:bildon:20220317233305j:plain

「LIFEBOOK UHシリーズ」からキーボード部分を抜き出したようなキーボードというコンセプトで作られたのだから、当然と言えば当然だ。
もしもモバイルキーボードとモバイルマウスの2つを持ち歩くのは面倒だと思っているなら、選択肢のひとつとして候補に上がるだろう。
まあ、iPadでしか使わないなら他にも似たような製品は多々あるが……

クリックボタン付き

タッチパッドが搭載されているキーボードは数あれど、それに加えてクリックボタンまで搭載となると、その数は少ない。
そしてLIFEBOOK UH Keyboardはその少ない精鋭の中のひとつだ。

f:id:bildon:20220319214244j:plain

もちろんタッチパッドを1本指や2本指でタップしたり、ダブルタップすることでも各種操作が可能だが、物理ボタンによるハッキリとしたクリック感が好きな人もいるだろう。
そういう人でも満足できる。
これはかなりのアイデンティティではないだろうか。

モバイルらしい軽さ

モバイルキーボードとして優秀なのが、その軽さだ。
重さはなんと約350gとなっている。
 
電源もバッテリーなので、後から電池の重さが加わるなんてハッタリもない。
ちなみに、給電はtype-Cなので、最も汎用的だ。
なお、裏面はラバー素材で滑り止めになっているので、軽くても打鍵しているうちに動いてしまうようなことはないので安心。

f:id:bildon:20220319214340j:plain

Bluetooth3台+有線での接続に対応

マルチペアリングとして定番の、3台の接続に対応している。
それにプラスして、有線接続も可能だ。
Bluetoothは上面右方向のボタンを押すごとに1→2→3→1と切り替わっていく。

f:id:bildon:20220319214418j:plain

有線接続で使う場合は、機器とケーブルで繋いで、電源をOFFにする。
電源がONになっている状態で機器と繋いでも、給電されるだけで、接続は選ばれているBluetooth機器と行われる。
裏を返せば、スマホやタブレットに繋いで充電しながら、BluetoothでPCと繋いで使うといった使い方も可能ということだ。
試しにBluetoothでMacに繋いだ状態でiPadと有線接続してみたら、タッチパッドの動作がかなり遅れたのでオススメはしないが……

モード設定で各種OSに対応

接続可能機器が多くても、繋いだ機器ごとにキー配列が変わってしまうと使いにくい。
その点は、しっかりカバーしている。
Windows、MacOS、iPadOSの3種類のモード切り替えが用意されているからだ。
これのおかげで、接続先のOSが違っても、キーに印字された文字通りの入力になる。

記号と英数字だけのかな無し印字

印字の話で言うなら、実はこれがLIFEBOOK UH Keyboardの最も評価できる点かもいしれない。

f:id:bildon:20220319214504j:plain

よく見てほしい。
英数字と記号しかないだろう。
「かな」とか「英数」とか「半角・全角」とか、そういうキーボードの雰囲気を壊すような突然の日本語がないのだ。
このスタイリッシュな見た目は、こだわりも感じられて大好きである。

終わりに

ただ、やはり最もモバイルキーボードとして使いたい相手であるiPadでタッチパッドのスクロールが効かないのが致命的だ。
せっかくLIFEBOOK UH KeyboardをiPadの前に置けば、画面を触らずに全ての作業ができるようになると期待していたのに……
有線接続ならスクロールもできるが、それはモバイルの美しさが削がれる。
逆に、WindowsのタブレットPCとの相性は良いと思われる。
なので、どちらかといえばWindowsユーザーにオススメの逸品となっている。