ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

6個口あるのに邪魔にならない電源タップに買い替える

電源タップが足りない!
電源タップが小さい!
きっかけは、先日購入したベッドサイドアラーム。
ただのアラーム時計だけでなく、スピーカーや充電器の機能も備えているため、本体へ繋ぐACアダプタが大きいのが欠点だった。
まあ、どうにか以前までの電源タップで運用できないこともなかったのだが……

f:id:bildon:20211218210048j:plain

ACアダプタのせいで斜めになっていて、2つある裏面のマグネットのうち、1つでしか支えられていない。
少しの衝撃が加わればすぐに落ちてしまう状態だった。
これはいけないと思って、電源タップを新調することに。
選んだのが、エレコムの6個口マグネットタップだった。

個口に余裕がある方がいい

買い替え前の電源タップは3個口だったし、それで足りていた。
だったら新しい電源タップも3個口あれば問題なかったのだが、あえて6個口にした。
あくまでも今は足りているというだけで、今後どうなるかはわからない。
10個口なんかになると多すぎる気もするが、6個口を買って、空きを3つ残しておく方が、何か家電を追加したときに足りなくなって書い直さなくていい
そして、ただ個口が多いだけではない。
見ての通り、1つだけ向きが違う穴があるのだ。

f:id:bildon:20211218210002j:plain

これによって、ACアダプタの向きによって隣のタップを塞いでしまうのを防ぐことができる

強力なマグネットで邪魔にならない場所に設置

個口が多くなると、その分大きくなるのは仕方がない。
大きくなれば、設置できるスペースにも制限ができる。
しかし今回購入した電源タップには、裏面に磁石が2箇所搭載されている。

f:id:bildon:20211218205947j:plain

これによって、金属面に取り付けることができるのだ。
というわけで私が選んだ設置場所は、メタルラックの天板裏面。

f:id:bildon:20211218205940j:plain

裏面の金属支保に沿って、綺麗に取り付けることができた。
磁石は強力なので、大きくて重ためのACアダプタをつけても落ちる気配はない。
プラグを挿す際にやたらと固かったが、これはこうして逆さまにしてもプラグが抜けてしまわないようになっているのだろう。
つまり、こうして逆さまに付けていても何ら問題ない

黒好きには嬉しいカラー

電源タップというと、白色をイメージする人が多いだろう。
しかしこの電源タップは黒色だ。
これは個人的な趣味だが、白か黒なら黒を選びたい。
最近でこそ黒い製品は増えてきたが、電源タップではまだ黒色はマイナーかと思う。
家電量販店で電源タップのコーナーを覗くと、ほとんどが白色だ。
そんな中、黒色需要に応えてくれているエレコムには感謝だ。
ただ黒いだけのタップではなく、黒い上に、ここまで述べたような使い勝手の良さ。
黒くてマグネット付きの電源タップとなると、ほぼこれ一択なのではないだろうか。

終わりに

極論、電源タップなんて必要な電源を確保できれば何でもいいと思っていたのだが、ちょっと買い替えるだけでこんなにスッキリするとは……

f:id:bildon:20211218205913j:plain

買い替え前は「使えなくもないのにわざわざ買い替えるか……?」と悩んだものだが、結果的には満足だ。