ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

ポーチに入るサイズで安定感も抜群なBelkinのワイヤレス充電パッド

ワイヤレス充電が便利すぎる。
一度新しい技術に触れると、それが便利すぎてもう戻れなくなってしまうもので……
iPhoneを買い替えて、MagSafeによるワイヤレス充電の便利さを知ってしまった。
MagSafe専用充電スタンドを会社で使っている。
こうなると、会社以外で有線による充電をしていると、どうにも不便に感じるものだ。
 
自宅では会社で充電したモバイルバッテリーを使うからいい。
会社と自宅以外、つまり実家に帰った時やホテルに泊まった時などに使えるワイヤレス充電器が欲しい。
そうして選んだのが「BOOST↑UP」だった。
ワイヤレス充電器はいくつも製品があるが、その中から「BOOST↑UP」を選んだ理由を挙げていく。
 

置くだけのパッドタイプ

先述の通り会社ではスタンドタイプの充電器を使っているが「置くだけのパッドタイプなら」と感じるシーンが多々あった。
充電中のiPhoneを持ち出す時だ。
MagSafeでピタッとくっついているiPhoneを外すのには多少なりとも力がいるし、その際にスタンドがずれてしまうのも気になる。
戻ってきてスタンドにiPhoneを設置する際も、スタンドが動かないよう、ゆっくりと設置する。
これがパッドタイプだったなら、何も気にせず机に置いてあるiPhoneを持つのと同じ要領で持てるし、充電する時もパッドの上に置くだけだから、パッドがずれることもない。
先述の通り、外泊時に使うことを想定しての購入なので、スタンド機能は不要としてパッドタイプを選んだ。

ケーブルが外せる

前提として、外泊時の利用を想定している。
なので携帯性は必須だ。
愛用しているガジェットポーチに入って欲しい。
となると、ケーブルは着脱可能なものが好ましい。
「BOOST↑UP」はtype-Cのケーブルを繋ぐように設計されている。

f:id:bildon:20211208064101j:plain

つまり、ケーブルを外せばただの直径9.5cmの円盤だ。
ガジェットポーチに余裕で入る。

f:id:bildon:20211208064049j:plain

もちろん、別途Type-Cケーブルも携帯する必要があるが、それは以前購入したマルチケーブルボックスのものを使えばいいので、追加で専用のケーブルを携帯する必要なない。

1台充電できればOK

充電パッドには2台充電可能な長方形ないし楕円形の製品も多々ある。
しかし1台で十分。
現時点で私が持っているワイヤレス充電対応機器は
  • iPhone
  • AirPods
  • Ankerのイヤホン
の3つだけ。
しかしイヤホンはどちらかしか使わないので、実質iPhoneとイヤホンの2つだけだ。
この2つを同時に充電しなくてはならない状況はほとんどない。
たまにあるかもしれないが、その時は片方を有線で充電すればいい。
ごく稀な、あるかどうかわからないもしもの時のためだけに2台用の大きなワイヤレス充電器を持ち歩く方が非効率ではなかろうか。

省スペース

さて、直径9.5cmと述べたが、これはなかなかコンパクトな部類ではないかと思う。
私が使っているAnkerのACアダプタは直径9cmの平たい四角形だ。
この上に綺麗に載せることができる。

f:id:bildon:20211208064343j:plain

 
裏面のゴムが効いているので、ちょっと動かしたくらいじゃずれない。

f:id:bildon:20211208064357j:plain

まあ、ACアダプタもワイヤレス充電器も使っていると熱を持ってくるので、重ねるのはオススメできないが、どうしてもスペースがなければこういう使い方もできるということで。

平な表面と縁のゴム

何かとお世話になっているAnkerにもワイヤレス充電パッドがある。
しかしレビューを見ていると、パッドの上でスマホが滑ってズレてしまうという感想がちらほら。
なるほど確かに、その目線で商品画像を見ていると、パッド表面が平ではなく、縁に丸みがある。

f:id:bildon:20211207072232j:plain(出典:Amazon

その点「BOOST↑UP」はどうかというと、充電面は平で、縁には3箇所に滑り止めのゴム。

f:id:bildon:20211208064420j:plain

 

平なのでイヤホンを置いても滑らない。

f:id:bildon:20211208064432j:plain

 

縁のゴムでスマホもちょっとやそっとじゃズレない。

f:id:bildon:20211208064447j:plain

充電パッドとして必要な安定感をしっかり持っている。

Belkin製であること

ここまで述べた条件を満たすワイヤレス充電器はいくつかある。
最後の決め手はやはりブランドだ。
携帯用のApple Watchモバイルバッテリーも
会社で使っているMagSafe充電スタンドも
どちらもBelkin製であり、過不足なく便利に使えている。
その安心感が強かった。
充電に関してはBelkinなら大丈夫だろう。
その気持ちが「BOOST↑UP」を選んだ最後の理由だ。

終わりに

ちなみに、3mmまでなら離れていても大丈夫らしい。

f:id:bildon:20211208064824j:plain

(出典:Amazon
バンパーカバーをつけているのでiPhone本体と隙間ができているが、しっかりと充電された。
充電中は正面の白いランプが点灯するのもわかりやすい。

f:id:bildon:20211208064526j:plain

iPhoneもAirPodsもワイヤレス充電できるから「」を携帯しておけば、極論だがLightningケーブルは要らないわけだ。
どうしても必要ならマルチケーブルボックスのtype-C to Lightning変換端子を使えばいい。
これからは「BOOST↑UP」を持ち歩くことで外出先でも気軽にワイヤレス充電できる。