ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

スリムな多機能ペン「Bloom 3 in 1」を買った理由

新しいボールペンを購入した。
しっかり吟味して選んだボールペン、お気に入りになることは間違いない逸材だったのだが、実際に手元に実物がやってくると、もう最高の一言に尽きる出来栄えのボールペンだ。
手に持っているだけで気分が高まる。
そのボールペンとは「Bloom 3 in 1」だ。
では、どうしてこのボールペンを選んだのか、その経緯をまとめる。
 

替え芯を統一したい

常に持ち歩くメモ帳として「保存するメモ帳」を愛用している。
そのメモ帳と合わせるボールペンとしてオートの「ミニモ」を使っている。
そんなミニモと3色ボールペンで別々に替え芯をストックしておくのはまどろっこしので、どちらも同じ替え芯が使えるようにしたかったのだ。
 
幸いなことに、ミニモは4C規格に対応している。
4C規格とはボールペンのリフィルの規格のことだ。
なので、3色ボールペンの方をミニモと同じ替え芯が使える4C規格に対応したものに買い替えれば、替え芯は1種類だけでよくなる。

上質なボールペンにしたい

といわけで替え芯の統一のため、4C規格リフィルに対応したボールペンに買い替えることに決めたわけだが、どうせ買い換えるならちょっと贅沢したくなった。
今まで使っていたのはジェットストリームの安い3色ボールペン。
機能としては十分だが、見た目が安っぽい。
使えれば見た目なんてどうでもいいと思わないでもないが、毎日使う相棒文房具になるのだから、それなりに高級感のあるものがいい。
高級ボールペンなんていくらでもあるのだが、そこからどうして「Bloom 3 in 1」を選んだかというと、サイズが決め手だった。

スリムなボールペンにしたい

4C規格に対応していて高級感のある見た目をしたボールペンを探していて目に止まったのが「Bloom 3 in 1」だった。
なぜなら、どうみても多機能ペンには思えない見た目だったからだ。
サイズは単色のボールペンやシャーペンと変わらない。

f:id:bildon:20211014233457j:plain

(写真手前が「Bloom 3 in 1」、奥が今まで使っていた3色ボールペン)
 
しかしこの細さで黒と赤の2色とシャーペン、つまり3つのリフィルが内蔵されているのだ。
「Bloom 3 in 1」という名前の通り、3つのペンが1つになっているわけである。
多くのボールペンがノック式なところを、重力式という珍しい方式を採用することで、このスリムさが実現されているらしい。
 
金属感のある見た目・重さ・触り心地——
求めていた高級感もしっかり備わっている。
「これしかない」と直感した。

f:id:bildon:20211014233444j:plain

終わりに

「ミニモ」も「Bloom 3 in 1」もオートのボールペンなので、結果的に同じメーカーに統一することになった。
どんあペンを買うか真剣に考えるようになるまではオートなんてメーカーは知らなかった。
実際、実店舗の文房具コーナーで見かけることはほとんどない。
しかし「ミニモ」のような独特のニーズに対応できるものや、「Bloom 3 in 1」のように実用性が凄まじいものまで、一度知ってしまうと好きにならざるを得ない。
 
とまあ「Bloom 3 in 1」を購入したわけだが、実はまだあまり使えていない。
まだジェットストリーム3色ボールペンのインクが残っているからだ。
「Bloom 3 in 1」でメモしまくる毎日が楽しみだ。