ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

普段は使わないけど念のために所有しているPC関連アイテム

ガジェットポーチにモバイル機器に関連するアイテムを入れて持ち歩いている人は多いだろう。
では、手持ちのモバイル機器に関連するアイテムを全て持ち歩く必要があるのかというと、必ずしもそうではない。
持ち歩きはしないが、念のために保有しているガジェットもある。
本来であれば必要最低限として、持ち歩くガジェットポーチに入れるだけのアイテムにしたいところだが、どうしても手放せないものもあるのだ。
 

有線キーボード&トラックパッド

MacBookを買う前、iMacを使っていた頃のMagic KeyboardとMagic Trackpadだ。

f:id:bildon:20210831233402j:plain

どちらもMacBookに搭載されているので、使う場面はない。
しかし、もしもMacBook本体のキーボードやトラックパッドに不具合が生じて操作できなくなったときに使えるだろう。
ちなみに、SDカードにWindowsのOSをインストールしてMacBookで起動できるようにした祭、設定が完了するまでは本体のキーボードとトラックパッドが使えなくなるのでお世話になった。
なお、Magic Keyboardについては、iPad miniを使っていた頃はスタンドにもなるカバーを付けて一緒に持ち歩いていた。
ただ、今は11インチのiPadに買い替えたし、スタンド一体型のカバーを装着しているので、使う場面はなくなった、
Appleの純正アクセサリーだけって、専用のアイテムが多いのが魅力だ。
なので、どうせ持っておくならMagic KeyboardとMagic Trackpadにしている。
それに、マウスではなくトラックパッドの方が平らで薄いので、仕舞い込んでいても嵩張らない。

USBハブ

普段はMacBookに直挿しできるタイプのハブを使っている。
自宅にいるときは付けっ放しだが、MacBookを持ち歩く際は外してガジェットポーチに入れるわけだが、もしもこのハブが壊れたり不具合で使えなくなったり紛失したりしたとき。
つまり、ハブが使えない状況になったときのために、もう一つUSBハブを所有している。
今使っているMacBookに直挿しできるハブを買う前に使っていたハブだ。
USBアクセサリを使うような作業はMacBookで行うので使うことはないが、Type-Cに対応したAndroid端末やiPadにも使えるので、1つ持っておくと何かで使うことがあるかもしれない。
Androidにキーボードとトラックパッドを有線で繋いで使うこともできる。

f:id:bildon:20210831232910j:plain

まあ、Bluetoothで繋いだほうが早いのだが、先述のMagic KeyboardやMagic Trackpadなどはマルチペアリングに対応していないため、接続先を切り替えるよりも有線で繋ぐ方がてっとり早かったりもするのだ。
現役のMacBook用ハブが壊れたときはもちろん、MacBook以外の端末にUSB機器を繋いだりSDカードを読み込みたいときに使うわけである。

LANケーブル&変換器

私は自宅にネットを契約していない。
楽天モバイルを契約しているスマホのテザリングを使ってPCをネットにつないでいる。
なので有線LANを使うことはない。
もしも自宅にネットを引くとなっても、今は無線LANでWi-Fi接続するので有線LANケーブルを使うことはない。
だからといって、有線LANに必要な機器を全て手放してしまうのは不安なのだ。
私がネットを使い出したのが有線LANしかない時代だったのもあるかもしれない。
途中でネットが途切れると困るような作業、OSのアップデートのような作業だと無線だと不安に感じるのだ。
まあ、結局テザリングでOSのアップデートをしているのだが……
現代において有線LANの設備など個人で持っておく必要もないのかもしれないが、それで不安を感じるくらいなら嵩張るものでもないし、持っておいた方が精神的に安心が得られる。

f:id:bildon:20210831232738j:plain

終わりに

というわけで、2軍ガジェットでも言おうか、普段は使うことはないが念のために所有しているPC関連のアイテムを紹介した。
特に、有線のキーボードとマウス(またはトラックパッド)はノートPCユーザーでも念のために持っておいた方が、どこかで役に立つこともあるかもしれない。
あるいは、トラックパッド付きのマルチペアリングキーボードを1つ持っておくとか。
↑が届いたらMagic KeyboardとMagic Trackpadは手放すつもりだ。