ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

とうとう今年もエアコンに頼り始めた

7月も終わりに近づき、いよいよ夏も本番が近づいている。
日中の気温が30℃を超える日が普通になってきた。
暑くなるとエアコンのクーラーが必要になる。
節約を考えれば使わない方が良いのだが、それで体調を崩してしまっては意味がない。
ある程度は電気代の増加を受け入れなくてはならないだろう。
それでも、6月下旬からエアコンを使うことになるとは……
冬は暖房なしでも乗り切れるのだが、夏はそうもいかないのが辛いところだ。
と、ここまでエアコンでの電気代増加を懸念しながらも、どうしてエアコンを使うことに決めたのか。
その理由をまとめてみた。
 

寝る前に体温を下げるため

寝れば体温が下がるのはわかっているが、寝付くまでは暑い。
暑苦しくて眠れない。
寝不足は健康によろしくないので、寝れないくらいならエアコンをつけた方がマシという考えだ。
一応、シャワーの最後に冷水を浴びるようにはしているが、それでもしばらくすると蒸し暑くなるようになってしまった。
それでも6月の間は夜にエアコンをつけて、体の熱を取ったら寝る前には消すという生活ができていたのだが……

快適な睡眠のため

6月の間は、布団を被らず、寝袋の上で横になるというスタイルでどうにかなっていたが、それでも暑くなってきた。
結果、今はエアコンをつけて寝袋に入って寝ている。
つまり、夜から朝にかけてエアコンをつけっぱなしだ。
もちろん、夜の間は高めの温度にしているものの、半日ほどつけっぱなしである。
エアコンはこまめにつけたり消したりするよりつけっぱなしの方が電気代が上がらないという話もあるが、どこまでが本当なのか。
調べたことはあるのだが、やはり機種によって微妙に異なるようで、明確に何時間以上という基準を見つけるのは難しい。
パナソニックの調査によれば外気温が30℃程度までであればこまめに消す方が節約になるらしいが。

f:id:bildon:20210730073648p:plain(出典:ロボスタ

寝癖がつかないようにするため

冷水を浴びたところでシャワーの後にドライヤーをするので、頭には熱が残りやすい。
結果、丁寧にドライヤーをかけても、暑さで汗をかいて、髪がゴワゴワになってしまうのだ。
別に体調に関わることではないが、髪が汗で軋んだ状態で寝ると、変な寝癖がついてしまう可能性が高まる
寝癖ができてしまうと、貴重な朝の時間を寝癖直しに使うことになってしまうので、潔く汗をかかないようにエアコンをつけて涼しくすることにした。

終わりに

エアコンを使うようになって電気代がバカ上がりすることは、去年すでに学んでいる。
それでも、当時と違うのは今の支出の少なさだ。
家賃が安い家に引っ越したり自習室を解約したりで、去年と今では支出が大きく減っている。
そこに甘えるわけではないが、下手に電気代をケチって暑さに項垂れるだけの無為な時間を過ごすよりは、快適な部屋で生産的なことをした方がずっと良いという判断だ。

f:id:bildon:20210730073952j:plain