ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

「LIFEBOOK UH Keyboard」が魅力的すぎて初めてのクラウドファンディング

クラウドファンディングで支援した経験はあるだろうか。
今まで懐疑的な目で見ていたのだが、この度初めて支援してみた。
正直なところ、安く買えるとはいえ開発段階の商品に対してお金を払うのはリスキーだと考えていた。
目標が達成されて、購入者の評判が良ければ後から定価で購入すればいい、その方が結果的には無駄にならないだろう、と。
 
しかし今回は迷わずに支援していた。
それが富士通のワイヤレスキーボードだ。
どうしてクラウドファンディングに消極的だった私がこのキーボードには迷わずお金を支払ったのか。
 

タッチパッド付きキーボード

持ち物をできるだけ減らしたい私にとって、キーボードとマウス(もしくはタッチパッド)を別々に持つのには抵抗がある。
できればタッチパッド付きキーボードが望ましい。
特にiPadはマウスにも対応しているので、タッチパッド付きキーボードがあればPCライクに使うことができる。
読書や資料閲覧用にiPad、入力作業用にMacBookと2つの端末を持ち歩くこともあったが、MacBookの代わりにタッチパッド付きキーボードを持ち歩けば、単純な入力作業であればiPadだけでもこなせるのだ。
 
もちろん、タッチパッド付きキーボードはすでに各社から販売されている。
にもかかわらず今までそれらを買わずに、今回「LIFEBOOK UH Keyboard」を買ったのには理由がある。
有線接続に対応しているかどうかだ。

有線接続でも使える

普段はBluetooth接続でスマホやタブレットのキーボードとして使いつつ、自宅のPC等にはUSBで繋いで有線キーボード&タッチパッドとしても使える。
実は有線とBluetoothの両方で使えるタッチパッド付きキーボードはかなり少なく、あったとしても海外の不安なメーカーばかりだったりする。
なので、ずっと「有線とBluetoothの両方で使えてタッチパッドが付いたキーボードが欲しい」と思っていながらも買えずにいた。
 
どうしてここまでタッチパッドと有線接続にこだわるのかというと、いざという時のためだ。
例えば機器のBluetoothがトラブルで使えなくなった時、ノートPCの本体キーボードが故障した時——
そういう非常時、最後に頼れるのは有線接続なのだ。
 
キーボードが有線接続で使えるのはいいとして、タッチパッドも同様なのか心配だったので次の問い合わせてみた。
USB接続でもタッチパッドは使用できますでしょうか?
 
そして返ってきた回答がこちら。
LIFEBOOK UH Keyboard事務局でございます。
USB接続でもフラットポイント(タッチパッド)をご使用いただけます。
LIFEBOOK UH Keyboard事務局
というわけで、これ一つあれば有線キーボードと有線タッチパッドとしても使えるわけだ。
まさにオールインワン。
 
おまけにUSB Type-Cなのも嬉しい。
将来的にはType-Cで統一されると思っているので、対応してくれているのはありがたい。

メーカーの安心感

ここまでハイスペックなキーボードがあったとしても、それがよくわからない海外のメーカーだったら支援はしなかっただろう。
しかし、開発は有名なあの「富士通」だ。
まだ開始して1週間ほどだがすでにその本気度が窺える。
以下の動画を見るのが最も手っ取り早いだろう。
富士通が本気でこだわった軽量ノートPCのキーボード部分だけを、さらに本気でこだわって製品化している。
これが絵空事で終わるようなことはないだろう
実物が届くのは来年の3月とのことだが、もうワクワクしている。

終わりに

他にも
  • かな印字なし
  • バックライト機能
  • 350g以下の軽さ
など魅力的な要素がたくさん詰まっている。
詳しくはサイトを見るのが早い。
(ガジェット好きは物欲を刺激されること間違いないので注意)
 
何気にPayPayでの支払いに対応しているので、多少の還元もある。
PayPayジャンボで1%だけ返ってきた。

f:id:bildon:20210720221342j:plain

手元に届くのが楽しみだ。