ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

雨の日に履ける防水かつ普段履きもできるデザインの「トップドライ」を購入

雨の日が好きではない。
気軽に外出できないからだ。
傘を持たないといけないし、普通の靴だと水が染み込んできて気持ち悪い。
しかし、雨を理由に外出の用事が後回しになってしまうのは好ましくない。
それに、予定の都合でどうしても雨の日に外出しなくてはならない日もあるだろう。
雨の日の外出を完全に無くすことは難しい。
だったら、少しでも雨の日のストレスを軽減できるようにした方が良いのではないか……
 
傘を持つのはいいとして、靴から水が染み込んでくるのはどうにでもできる。
長靴を履けばいいのだ。
しかし、雨の日という限定的なシチュエーションでしか使用しないものはあまり所有したくない。
だったら、天気に関係なく普段履きできるようなレインシューズを買えばいい。

雨の日も歩きたい

最近は歩いて通勤している。
朝から体を動かすと1日を通して気分良く過ごせるし、夜に歩くと1日でごちゃついた頭の中が整理される。
そういう習慣が身につくほど、雨で歩けない日が相対的に気分が落ち込んでしまう
 
傘をさせば歩けないこともないが、通気性と軽さを重視したランニングシューズを普段から履いているため、雨水がすぐに染み込んでくる。
歩く分には良いのだが、雨の日に最も濡れやすい足元がこれでは、足が濡れる気持ち悪さが歩く気持ち良さを上回って、電車通勤となってしまう。

普段履きできるデザインと質感

要は、雨の日の通勤がメインとなるわけで、となるとあまりカジュアルすぎるデザインは向かない。
 
また、天気に関係なく履けるような靴が好ましい。
「今日はどっちの靴を履けばいいかな」なんて判断するのが面倒だからだ。
 
この条件に当てはまりそうなのが「アサヒトップドライ」だった。
防水に関してはゴアテックス(GORE-TEX)が採用されていて信頼できる。

f:id:bildon:20210702075832j:plain

そして気に入ったのがデザイン。
目を引くのがファスナーだ。

f:id:bildon:20210702075819j:plain

いちいち結んだり、歩いていたら解けてしまう紐のような面倒はなく、ゴムのような締め付け感もない。
 
それでいて見た目には防水とはわからない黒くてマットな仕上がり。
普段履きはもちろん、スーツと合わせても違和感はないブーツタイプ。
 
「これひとつだけで全部対応できるのでは」と思わせてくれるのに十分だった。

実店舗で確認→購入

やはり靴は試し履きしないとわからない。
というわけで、実店舗に行ってきた。
 
直営店に行ったので、詳しい話を直接聞くことができた。
 
ちなみに直営店でなくても売っている店はある。
 
防水と引き換えに伸縮性を犠牲にしているので、素材の伸びはなく、小さめのサイズを強引に履いて慣らすことはできない。
また、大きすぎると歩くときに爪先で靴がずれないように踏ん張ってしまうので、疲れやすくなる。
というわけでぴったりジャストサイズのものを選ぶ必要がある。
結果、普段履いている靴よりも2cm小さいサイズがジャストフィットだった
インソールを出して、踵の位置に合わせて足を置き、爪先に1cmの余裕ができるのが目安とのこと。
これは実際に履いてみないとわからないことだっただろう。
他にも、手入れ方法や履き心地について色々と話を聞けた。
本当はAmazonなどで買った方が値段は安いのだが、店員さんの対応も費用のうちと考えて、そのまま店舗で買うことに決めた。

終わりに

今まで買った靴の中で一番高い金額だったが、今までで一番納得して買った靴だ。
気分はまさに水陸両用。
今回は実店舗で買ったが、Amazonプライム会員ならPrime Wardrobeを使う手もあるだろう。
なんにせよ、これで梅雨が終わるまで待たなくても毎日歩いて通勤できそうだ。
こういうグッズを買うだけで憂鬱だった雨の日が急に楽しみになるから不思議なものである。