ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

株主優待・ポイ活・キャンペーンを活用して「Microsoft 365」をエディオンでお得に更新

「Microsoft 365」を契約しているが、年に一度の更新が必要だ。
費用は1万円を超えるので、意外とバカにならない。
月額にすると1,000円ほどだ。
それでも便利なので契約更新は行うわけだが、できれば少しでもお得に使いたいものだ。
 
というわけで、株主優待とポイントを活用して2,000円以下で1年分のプロダクトキーを買ってきた。

f:id:bildon:20210626225644j:plain

なんなら、キャッシュバックキャンペーンも使うことで、実質株主優待だけで支払ったようなものだ。
 

エディオンの株主優待

以前までエディオンの株主優待は割引券で、買い物を全額株主優待だけで行うことはできなかった。
しかし、昨年株主優待が変更されて、ギフトカードになった。
つまり、ギフトカードの金額以下の買い物であれば、株主優待だけで購入できるということだ。
ちなみにギフトカードの金額は保有株数によって変わる。
 
私は500株所有しているので、1万円分のギフトカードが貰えたわけだ。
年に一度もらえる株主優待で、年に一度買わなければいけない「Microsoft 365」を買う
これほどぴったりな使い道があるだろうか。

エディオンポイントを活用

所有株数が1,000株以上ならそれだけで「Microsoft 365」の支払いができる額面のギフトカードがもらえるが、残念ながら私の株数では1万円分。

f:id:bildon:20210626225232j:plain

これだけでは「Microsoft 365」の購入費用には届かない。
そこで活用したいのが「エディオンポイント」だ。
エディオンで買い物をしないと貯まらないポイントだと思われるかもしれないが、実は毎日エディオンアプリを起動して簡単なゲームをするだけでそこそこ貯まる
1年で1,000ポイントほど貯められるので、このタイミングで使うことにした。
 
なお、アプリで貯められるのは「エディオンコイン」であり、事前に「エディオンポイント」に交換しなければいけない。
アプリからコインのポイントへの交換申請をするのだが、即時反映とはいかず、申請から2、3日後にエディオンポイントとして付与されるので注意が必要だ。
使う予定の数日前にコインをポイントに交換しておこう。

f:id:bildon:20210626225128j:plain

↑6/15の夜にコイン交換を申請して、交換されたポイントが付与されたのは翌日の6/16だった。

キャッシュバックキャンペーン

これはエディオンでなくても活用できるのだが、Microsoftがたまにキャッシュバックキャンペーンを行う。
今年は2021 年 6 月 7 日 (月) ~ 2021 年 6 月 27 日 (日)の期間だった。
この期間内に対象製品を購入すると、キャッシュバックが受けられる。
対象製品には「Microsoft 365」も含まれていて、キャッシュバック金額は3,000円となっている。
「Microsoft 365 Personal」1年利用が12,980円なので、3,000円のキャッシュバックを加味すれば、事実上エディオンの株主優待1万円分だけで支払えたようなものだ。

終わりに

キャッシュバックキャンペーンは申し込み用紙と領収書を送料負担で送る必要があるが、それだけの手間で3,000円が帰ってくるのなら申し込まない手はない。
 
できれば、来年の3月末までにタイミングを見てエディオンの株を買い足して1,000株にしておきたいところだ。
そうすれば株主優待だけで「Microsoft 365」の利用料を支払うことができる。
 
「Microsoft 365」といえば、Amazonのセールタイミングを狙って買うのが最もお得だとされているが、株主優待で賄えるのなら、そちらの方がお得ではないだろうか。
もちろん、株主優待は別のものを買うのに使いたいというのであれば別だが。