ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

ユニクロの服が不要になったら捨てずに回収ボックスへ

ユニクロの服は安いのに品質が高いのが魅力。
それゆえに「とりあえず」で買ってしまって、後から不要になるケースも多い。
そんなとき、不要になった服はどうするだろうか。
売れるなら売りたいところだが、売れなければ捨てる……?
不要になったとはいえ、捨てるという行為はなかなかのエネルギーを使うし、ちょっとした罪悪感が残ることもある。
 
しかし捨てる必要はない。
ユニクロには回収ボックスが設置されている店舗があるのをご存知だろうか。
 

最低限必要な服だけを残す

当ブログでは今年になってから何度か服装に関する記事を書いているが、かなりあれこれ考えてきた。
その中でもユニクロの服も何着か購入した。
夏用のインナーなどは買って正解、今も着用している。
一方で、冬に購入したヒートテックは失敗だった。
他にも、今まで着ていたユニクロの服も何着か着なくなっている。
そんな服をいつまでもクローゼットに入れていては邪魔だ。
本当に着る服だけを残して、他の服はさっさと手放してスッキリしたい

安い服は売りにくい

着なくなった服は売りに出したい。
これがブランドの服だったらリサイクルショップに持っていくなり、自分でフリマアプリに出品するなりで現金化することができる。
一方、ユニクロは冒頭でも述べた通り値段が安い。
買うときには嬉しいが、売るときはネックになる。
本が安いのだから、売値がつかない場合がほとんどだ。
特にインナーは元値に関係なく、見ず知らずの他人が着用していたものを着るのには抵抗がある。
というわけで、売りにくいのが実情だ。
 
自分が着ることもないし、売ることもできない。
だったら捨てるしかない、となりがちだが、そこはさすがユニクロ。
しっかりと不要になった衣類にも使い道を見出している。

ユニクロの回収ボックスへ

全ての店舗ではないが、ユニクロには回収ボックスが設置されている
リサイクル・リユースの仕組みが紹介されているが、客がすることは回収ボックスに不要になった衣類を入れるだけ。
なお、入れられるのはユニクロ・ジーユーの服に限られるので注意。
 
後の仕分けなどはユニクロ側で行ってくれるので、自分で服を分別する必要もない。
ただユニクロの不要になった服を回収ボックスに入れるだけだ。

f:id:bildon:20210624073611j:plain

終わりに

というわけで、実際に不要になったユニクロの衣類を回収ボックスに入れてきた。

f:id:bildon:20210619113245j:plain

以前紹介したIKEAのエコバッグが大容量だったので助かった。
それに、捨ててしまうより回収ボックスに持って行った方が罪悪感がない。
誰かの役に立つかもしれないし、環境にも優しいだろう。
売れるなら売るのが一番いいが、どうしようもなければ捨てるより回収ボックスへ。