ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

初代AirPodsがダメになってきたので買い替え先を考える

AirPodsを買い換えようと思っている。
初代AirPodsを2年半ほど使っているが、バッテリー持ちが悪くなってきたし、そもそも充電がしっかりとできなくなっている。
まあ、2年半もの間ほぼ毎日使っていたのだから、そろそろ買い換え時なのだろう。
そこで考えなければいけないのは、どのワイヤレスイヤホンに買い替えるべきかである。
 
気づけばAirPodsには新型だけでなくProまで登場しているし、他のメーカーからも同じようなワイヤレスイヤホンが多数売られている。
そして、そもそも買い替える必要があるのか。
 
とりあえず、買い替えるとしたら「Soundcore Liberty Air 2」だろうか。
その結論に至るまでの過程を見ていく。
 

初代AirPodsが弱ってきた

買い換え先のイヤホンを選ぶ前に考えたいのは「本当に買い替える必要があるのか」という事。
まず、私のAirPodsはもう当初のように使えず、不便を感じる事が多くなった。
 
まず、充電したのにバッテリーが満タンになっていない。

f:id:bildon:20210123225037j:plain

そのまま2時間ほど使い続けただけでバッテリー切れ。

f:id:bildon:20210123225021j:plain

2時間と言っても、1時間ほどの使用でバッテリー残量が10%を切った時に通知音が鳴る。
結果的に2時間持ち堪えたわけだが、後半の1時間はいつバッテリーが切れるか心配でそわそわしていた。
これでは聴いている音楽やラジオに集中できない
 
いつバッテリーが切れるかわからない不安が湧いてしまう時点で、快適に使えているとは言い難い。
それに、片方だけバッテリーの減りが異常に早い時がある。

f:id:bildon:20210123225000j:plain

私のAirPodsはもはや快適なワイヤレスイヤホンではなくなっている

完全ワイヤレスじゃないとダメなのか

もう一つ、買い替え先を選ぶ前に考える事がある。
他のもので代用できないかどうかだ。
私が使っているのはAirPodsだけじゃない。
有線イヤホン(EarPods)はもちろん、ワイヤレスヘッドホン 、ネックバンド型イヤホンの3つを持っている。
 
これらを今までAirPodsを使っていたシーンで使えないだろうか。
答えはNoだ
どれもAirPodsのコンパクトさを備えていない。
ヘッドホンとネックバンド型イヤホンは使っていないときは首にかけておける。
だからと言って、仕事中に会社で首にかけたままにしておくのはありえない。
カバンの中に仕舞う事になるが、どちらも大きいので邪魔になるし、ネックバンド型に関しては断線の恐れもある。
有線イヤホンならコンパクトだが、そもそも有線ゆえのコードの絡まりが嫌でAirPodsを愛用していたのだ。
今更有線イヤホンに戻ったところで「ワイヤレスなら」と不便に感じる機会が増えるだけだろう。
 
というわけで、ワイヤレスイヤホンを買い換える方針に定まった。

Apple or Anker

AirPodsを買い換えるとなると、真っ先に候補に上がるのは現行のAirPodsだろう。
初代と同じ形状・サイズでスペックが上がったもの。
さらにノイズキャンセリングまで備えたハイグレード版の「AirPods Pro」だ。
 
だが、どちらも値が張る。
冒頭でも述べた通り、初代AirPodsが発売された当初に比べて、今は完全ワイヤレスイヤホンの選択肢は多い。
Apple製品に拘らなくても他に優秀な製品はあるはずだ。
 
そこで注目したのがAnker。
すでにヘッドホンとネックバンド型イヤホンで、Anker製のオーディオへの信頼ができている。
もしも完全ワイヤレスイヤホンでもそれと同じ安定感が発揮されているなら、何の心配もいらない。
それに、Ankerといえばコスパの良さだ。
AirPodsよりも半額以下で買えてしまう。
なのに高品質。
 
早速調べてみたら、ちょうどAnkerから新型の完全ワイヤレスイヤホンが発売されたばかりだった。
まあ、Proという名を冠するだけあって、値段は1万円を超える。
それでもProじゃないAirPodsよりも安いのだが……。
他にもAnkerからは多数のワイヤレスイヤホンが発売されている。

用途に合った製品を選ぶ

最新型が出たばかりだからといって、よく考えずにそれを購入するのは早計だ。
用途によっては型落ちとなった製品でも不便はないかもしれない。
それなら安い方を買いたいものだ。
それに、新製品はレビューが少ない。
一方で、すでに発売から期間が経過しているものには、参考になるレビューがたくさんある。
 
それらを踏まえて最後まで候補に残ったのがこの2つ。
 
選ぶポイントは以下の3つ
  • マルチペアリング
  • 防水
  • Type-C充電

マルチペアリング

AirPodsであればApple製品間での切り替えはスムーズだった。
一方、1つの機器とのペアリングにしか対応していないイヤホンだと、別の機器とつなぎたいときに毎回ペアリング設定を解除して、別の機器とペアリング設定しなければならない。
どう考えても手間だ。
なのでマルチペアリング対応は必須条件である。
とは言いつつ、候補に残ったどちらのイヤホンも、マルチペアリングに対応しているかどうかが怪しい
AmazonでレビューやQ&Aを見たのだが、対応している意見と対応していない意見の2つが見られた。
こればかりは実際に使ってみるしかない。
まあ、iPhoneで使う場面がほとんどで、たまにiPadと繋ぐだけだから、非対応でもそこまで困らないのだが。

防水

別にプールやお風呂場で使うつもりはない。
しかし、運動中に使う場面を想定すれば、汗で濡れてもいいように防水基準が高いに越したことはない。
今は冬なので体を動かしてもそこまで汗はかかないが、今と同じことを夏にすると、汗びっしょりは確実だ。

それに、汚れたときにサッと水拭きできるので衛生的である。
Life P2」ならIPX7防水規格となっている。
一方の「Liberty Air 2」はIPX5。
まあ、普段使いであればIPX5でも雨や汗には耐えられるので十分だ。
むしろ、前出の最新版であるProはIPX4なので不安だ。

Type-C充電

別に必須条件というほどではないが、Lightningよりは汎用性がある。
それに、今のMacやiPadの流れからして、いずれiPhoneもType-Cになると信じている。
なので、できるだけ他の電子機器もType-Cで統一しておきたいのだ。

「Soundcore Liberty Air 2」を購入

そして選んだのが「Soundcore Liberty Air 2」だ。

f:id:bildon:20210123230240p:plain

ちなみにPayPayモールで買ったので20%分くらいのポイントが還元される。

 

大きな違いが防水基準だけだったのだが、IPX5でも日常で起こりうる汗水には耐えられるので、よりコンパクトでAirPodsにも形が近くて手に馴染みやすそうな「Soundcore Liberty Air 2」にした。

 
7時間の連続使用に耐え得るバッテリー性能にはかなり期待している。
これはAirPodsが最大5時間なのに対してかなりのアドバンテージだ。
マルチペアリングについても、実際のところどうなのか、届いたら検証したい。
 
場合によってはネックバンド型イヤホンの出番を奪われるんじゃないだろうか……。
 
最新型の「Soundcore Liberty Air 2 Pro」が発売されたところなのに今更Proじゃない「Soundcore Liberty Air 2」かよ、と思われるかもしれない。
しかし、私が普段聴くのはトーク主体のラジオ番組ばかりなので、音質とかノイズキャンセリングとかは、そこまで重要ではないのだ。
裏を返せば、そのおかげで満足のいく性能を持ったイヤホンを安く買えたということでもある。
「最新型」や「高機能」という言葉に踊らされず、自分の目的に合致したものにお金を使った方が良いのは言うまでもない。