ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

処分が面倒という理由だけでソファを買い替えてはいないか?

母親からニトリのポイントカードを持っていないかと連絡が来ました。
ニトリで何か買うのかと尋ねると、ソファを買い換えるのだとか。
さらに詳しく聞いてみると、購入予定のソファ、10万円するそうです。
 
理解に苦しみます。
 
一体どうして一人で暮らしている母がそんなに高級なソファを求めるのでしょうか。
考えてみます。

 

目次
一人暮らしにソファは必要か

 

母は一人暮らし。
私が大阪に出てくるまでは家族で暮らしていたので、ソファを置くのが自然でした。
 
しかし、一人で暮らしとなった場合、果たしてソファは必要なのでしょうか。
家にソファを置くこと自体は全く構わないのですが、果たして10万円もするソファを買う必要はあるのでしょうか。
 
恐らくこんなやつです。

 
一人で使うならソファでなくても快適な椅子は安く売っています。
こんな高座椅子で十分ではないでしょうか。
リクライニング機能やオットマン搭載で昼寝も気持ち良くできそうですし、ソファと違って両腕を肘おきに置くこともできます。
一人で使うならこちらの方が快適と言えるでしょう。
 
私のようにあえて座り心地の悪い椅子を使えとは言いません。

では、一体母はなぜソファを求めるのでしょうか。
ソファで何がしたいのか
先述のような高座椅子を提案したのですが、却下されました。
 
理由は「横になってテレビが見れないから」とのこと。
 
確かに、リクライニング機能のある一人掛けの椅子だと、横になると正面のテレビに足を向ける体制になり、テレビ画面は見れなくなります。
 
一方、ソファだとテレビと並行になる形なので、横を向けば寝たままテレビが見れます。
 
しかしです。
 
ソファで横になるということは疲れているということ。
疲れているのなら、テレビなんか見ずに昼寝をすればいいのでは……
 
思えば、実家にいた頃は常にテレビが点いていました。
典型的なテレビ族です。
 
今でこそ私はテレビを持たず、毎週TVerでいくつかバラエティを見る生活をしていますが、実家ではあらゆる番組を録画して、暇さえあれば常に流していました。
 
母はいまだにその状態なのでしょう。
テレビがない生活など考えられないのでしょう
リビングと寝室のどちらにもテレビを置いていますし。
 
そして、ソファを買い換える理由はもう一つありました。
無料回収の罠
ニトリに限らずほとんどの家具屋がそうだと思いますが、新しいソファを買うと古いソファを無料で回収してくれるのです。
 
そう言われるとなんだかソファを買い換えた方がお得な気がしてきます。
しかし、ソファを有料処分した場合の金額はいくらでしょう。パッと答えられるでしょうか。
粗大ゴミだし、なんとなく高そうというイメージしかない人が多いのではないでしょうか。
 
では、大阪市の場合の金額をご覧いただきましょう。

 
1,000円です
地区にもよると思いますが、大阪市の場合は高くても1,000円なのです。

 
さて、もうお分かりですね。
いくら無料で引き取ってもらえるとはいえ、そもそも粗大ゴミとして自己処分するのにそこまでの金額はかからないのです。
少なくとも、一人掛けの椅子購入&ソファ処分で10万円を超えることなどまずないと考えていいでしょう。
 
必要なのは粗大ゴミとして回収してもらう場所までソファを運ぶ手間隙だけ
 
つまり、回収タイミングを私が実家に帰る日に合わせて、ソファを運べば済むのです。
まとめ
というわけで、どうにか母親にはソファを手放して一人掛けの椅子を買ってもらいたいところ。
それにソファは大切に使ってもどうしたって劣化していきます。
10年で買い替えるとして1年当り1万円。
2万円の一人掛けの椅子を2年ごとに買い替えるのと同じ金額。
劣化していくソファを10年使い続けるか、短い周期で新しい椅子を買うか。
 
まあ、結局ソファを10万円で買ったとしたら、ニトリのポイントがそれなりにつくので私としてはニトリでの買い物が実質無料でできるようなものなので構わないといえば構わないのですが。
 
どうも、断捨離や節約生活の日々を過ごしていると、身内の動向も気にするようになるようです。