ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

コメダ珈琲店で過ごす朝が最高

1年以上前に買ったコーヒーチケットが出てきたので、先週の4連休のうち3日、コメダ珈琲店で朝食を食べました。
喫茶店で作業するにあたって、最もコスパに優れているのは朝のコメダ珈琲店だと思います。
 
目次
お得なコーヒーチケット
コメダ珈琲店には「コーヒーチケット」というものが売っています。
 
いわゆる飲み物の回数券で、8〜9枚が1綴りになっており、1枚で特定の飲み物を1杯支払うことができます。
もちろん、個別に支払うより1杯当たりの値段は安いです。

もう一つの特徴は、有効期限がないこと。
一方で注意点としては
  • チケットは現金でしか買えない
  • 基本的に購入店舗でのみ使用可能
  • 全てのドリンクに使えるわけではない
ということくらいでしょうか。
 
それでもコーヒー1杯に300円程度のお金を使うのは、今の私の生活においては贅沢なのですが……。 

とはいえ、節約をしていなかった過去に購入したコーヒーチケットです。

有効期限はないですし、捨てる理由もありません。
過去の自分からのプレゼントとしてありがたく使わせてもらいます。
行くならモーニング
コメダ珈琲店にはモーニングサービスがあります。
朝11時までにドリンクを頼むと、トースト+選べる1品が無料でついてきます。

コーヒー1杯の値段でトーストまで食べられるのはお得
ちなみに私のオススメはゆで卵。
他の店舗はどうなのか知りませんが、私が行く店舗では、ゆで卵を選んだ場合のみ、トーストに塗るのをマーガリンかイチゴジャムから選べます。

それにゆで卵は栄養価も高いので、朝のエネルギー補給にはぴったり。
もちろん、マーガリンもトーストとの相性抜群ですし、ゆで卵以外のの二つも美味しいです。

惜しげもなくたっぷり塗られたマーガリンも魅力的。
写真でも分かる通り、無料サービスとは思えないほどトーストが分厚いです。
有意義な朝を
多くの店舗が朝7時から営業しているので、私は必ず朝7時の開店とほぼ同時に入店します。
そしてドリンクを頼み、モーニングで小腹を満たし、そのまま店内で作業をさせてもらいます。
 
流れとしては
 
朝7時に入店
モーニングを食べて9時まで店内で作業
9時15分に開く大阪市立中央図書館で夕方まで作業
 
という具合。

 

もしも店内で作業をするなら、飲み物はホットをオススメします。

作業前に飲み干すのならアイスでも構いませんが、作業をしながらちびちび飲むことを考えると、氷が溶けて薄くなるアイス系よりホットを頼む方が最後まで美味しく飲めるからです。
 
また、長時間居座る場合は、適度に追加注文をするのが暗黙の了解というものです。
そうでなくても、混んできたら店を出るか追加注文をするのがベター。
私は朝9時には店を出るので混んでいたことはありませんが、ランチタイムから夕方にかけては利用客が多いので、その時間帯に長時間居座るのはあまり推奨できません。
お店への感謝を忘れずにいたいものです。
まとめ
2年ほど前もコメダ珈琲店のモーニングにはお世話になっていましたが、当時と今では作業に必要な環境が最適化されているので、店内でも家とほぼ変わらずに作業できています。
何より大きいのは、紙とペンがベースになっていること。

それに、もしもデジタルな作業がしたかったとしても、今の私はMacBook1台あれば事足りる状態。

アナログでもデジタルでも、作業に必要なものを最小限にすることで、こうして自由にどこでも作業に没頭できるようになったのは良いことです。
そして、そういう環境を格安で提供してもらえるコメダ珈琲店さん、ありがとうございます。
コーヒーチケットがまだ残っているので、10月も引き続きお世話になります。