ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

複数所持する物と1つしか持たない物

ミニマリストを目指していると、所有物は少なければ少ない方が良いと考えがちですが、世の中には同じものでも複数個持っていた方が便利なものもあります。
 
今回は、私が意図的に複数個所持している物と、逆に1つで十分なものをご紹介します。
 
目次
 

複数個持っていたい物

まずは、私が複数所持している物とその理由から紹介します。
自宅の鍵
3本持っています。
通勤カバンとプライベートリュックそれぞれに1本ずつ常備。
残りの1本は手ぶらで出かけるときにポケットに入れる用です。
オートロックのマンションに住んでいるため、これを忘れるとマンションのエントランスで中から住人が出てくるのを待つことになるので、そのリスクを回避するために複数本持っています。
名刺入れ
通勤カバン、会社の引き出し、筆箱の中それぞれに常備するため3つ所持。
新入社員の頃に名刺を忘れて痛い目を見たので、名刺入れを増やして、どんな場合でも絶対に手元に名刺がある状況になる3箇所に振り分けました。
パソコン
WindowsデスクトップとMacBookの2台を所持しています。
 
Windowsの方は、ディスプレイに繋がっておらず、キーボードやマウスも繋いでません。
つまり、電源を入れても画面はないし操作もできません。
MacBookからリモートで接続して使っています。
 
使い分けとしては、MacBook単体ではできないようなことをWindowsに任せているような感じです。
会社のリモートワーク、外付けHDDへの大容量データ保存、CDの取り込みやDVD視聴など。
スマホ
AndroidとiPhoneの2台持ちです。
SIMカードも2枚。
 
Androidにはワイモバイルの通話SIMを入れています。
プランは一番安いもので、月の通信量は3Gです。
ワイモバイルは10分まで通話無料なので、電話にはもってこいです。
 
iPhoneには楽天モバイルのベーシックプランのSIMカード。
通話はできませんし、通信速度も遅めですが、制限がありません。
スムーズなブラウジングができる通信速度ではありませんが、iCloudなどのファイルや、Evernote、タスク管理アプリを同期するのであれば十分です。
むしろ遅くても無制限なのでバックグラウンドで同期させるようなアプリをメインに使うのであれば十分です。

1つで十分なもの

続いては、複数個持っている人もいるかもしれないけど個人的には1つ持っていれば十分だと思うものをあげていきます。
時計
置き時計や壁掛け時計、目覚まし時計など多くの種類がありますが、私は腕時計1つで良いと思います。
腕につけておけばいつ、どこでも時間を確認できますし、
 
最近はスマートウォッチもすっかり普及しています。
iPhoneユーザーであればApple Watchで時計は完結しているのではないでしょうか。
 
また、スマートスピーカーが家庭にあることが一般的になれば、時計を見て時刻を確認することよりも、AIアシスタントに時間を尋ねるのが普通になるかもしれません。
例えば、夜中に目が覚めたとき。暗くて時計は見えませんし、スマホで確認しようにもディスプレイの灯で目が冴えてしまいます。そんなとき、スマートスピーカーがあれば「いま何時?」と尋ねれば音声で時間を教えてくれますので、眠りの妨げになりません。
 
何にせよ、これからは家に固定式の時計を置くという習慣は消えていくと考えています。
枕カバー
枕は1つしか持っていないという方がほとんどだと思いますが、枕カバーについてはどうでしょうか。
定期的な選択のために2つをぐるぐる回していたり、季節ごとに素材の異なるカバーを持っていたりするのではないでしょうか。
 
しかし1つで十分です。
朝に洗濯すれば夜寝るときには乾いてますし、やたらモコモコした明らかに冬用のものでなければ1年中使えます。
使っていない枕カバーの収納にスペースを使うのももったいないです。
タブレット
スマホは2台持っていますが、タブレットは1台しか持たないと決めています。
以前はiPadを12.9インチのものとminiの2台持っていたのですが、miniの一つだけに絞りました。
私がタブレットを使う主な用途は次の3つくらいです。
  • スタイラスペンによるPDF等のデータへの書き込み
  • TVer視聴
  • 電子書籍
メモはアナログ派ですし、デジタル作業はMacBookで行うので、タブレットは携帯性を取ってiPad miniだけにしました。
いくつもあると、どの作業をどの端末でするか迷いが生じるのであまりオススメしません。

まとめ

所持数というのは不思議なもので、1つと2つの間には大きな違いがあります。
1つしか持たないと強い意志を持って決めていると、他のものへの誘惑や物欲を制限できます。
しかし、2つ持っていると、3つ目4つ目へのハードルがなぜか下がるようで、ちょっとした違いしかないのに同じようなものをいくつも買ってしまうという危険が付き纏います。
 
基本的に、鍵など忘れると大きな支障が出るもののみ複数個持つのが良いと思います。
 
何をいくつ持つか、自分なりにしっかりとした根拠を持って所有することが大切です。