ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

ネット通販使うならオリコカード作っとけ

勘違いしないでください。
オリコカードを「使っとけ」とは言ってません。
「作っとけ」と言いたいのです。
 
なぜならオリコカード、正確には「Orico Card THE POINT」は持っているだけでもオリコポイントを貯めることができるのですから!
 
簡単に解説します。
 
まず、オリコにはオリコモールというポイントサイトがあります。
こちら→オリコモール
 
ポイントサイトは他のクレジットカード会社にも独自のものがありますが、そのほとんどは自社のクレジットカードによる決済が条件となっています。
 
しかしオリコは違うのです。
 
一例として、私が一番よく使うヤフーショッピングの経由ページを抜粋します。
 

 
なんと、TポイントやPayPayの利用分もポイント付与対象なのです。
つまり、オリコカードで支払う必要はないということ。
そもそも注意書きにオリコカードの利用が条件として記載されていないのですから。
 
ちなみに私がオリコモールを経由して利用する通販サイトは以下になります。
  • Yahooショッピング(PayPayモール含む)
  • Amazon
  • Apple
  • ebookjapan
楽天市場は私が滅多に使わないだけで、おそらくオリコカードを利用せずに買い物してもポイントは貯まりそうです。
 
さて、ここまでなら同じようなポイントサイトは他にもあると反論されるかもしれません。
そこで、次の画像を見てください。
こちらもオリコモールから抜粋したものになります。
 

 
ポイント還元率の下に「さらに+0.5%」と表記されています。
この「さらに+0.5%」を享受する条件が、「Orico Card THE POINT」を保有していることなのです。
 

 
右端の「オリコモール特別加算」の部分です。「THE POINT」なら+0.5%になっています。
ちなみに「THE POINT UPty」は年会費無料ですがリボ払い専用。他の+1.0%の二種類は年会費がかかるカードとなっているので万人にはオススメできません。
 
この+0.5%を加味すれば、その還元率はポイントサイトの中でもトップクラスと言えるレベルになります。
おまけに上記の通りオリコカードを使う必要はないので、好きな高還元クレジットカードや他の支払い方法でも構わないのですから、総合的な還元率はさらに上がるでしょう。
 
 
以下は私のオリコポイント履歴です。
 

 
ただしポイントの付与は3ヶ月ほどのタイムラグがあるので気長に待つことが必要です。
(間に挟まっている「スタンプポイント」については後々別記事で解説します)
 
ちなみに3/1の23800円のヤフーショッピングでの明細が以下です。
ポイント付与対象は24871円なので不思議だなと思ったのですが、計算したらどうやら税抜き価格が付与対象らしいです。
(3月当時の消費税は8%だった)
 

 
 
貯めたポイントの使い道については以下のサイトを参照ください。
Amazon、iTunes、Tポイント、楽天ポイントなどなど、主要どころは一通り揃っていると思います。
貯めたポイントの使い道に困ることはなさそうですね。
 
なんにせよ、年会費は無料なのでオリコモールを覗いてみて、自分が使いそうなサイトがラインナップにあれば作っておけばいいと思います。
 
クレジットカードを複数枚持つことに抵抗がある人は多いかもしれませんが、そもそも今回の場合は作るだけで使わずに恩恵を受けられるのですから、届いたカードは金庫に入れっぱなしでも構わないのです。
 
私もブランド違いで2枚のオリコカード(Orico Card THE POINT)を保有しています。
2枚合わせても月の支払額は1000円にも満たないです。
それでも毎月ヤフーショッピングで5000円ほど買い物するので、オリコポイントは毎月50ポイントずつくらい溜まってます。
ポイント有効期限は1年。
最低交換ラインは500ポイント〜ですが、月50ポイントなら1年以内に交換ラインに到達するので問題ありません。
 
というわけで、使わなくていいから作っとけ、という話。
 
ゲームのパッシブスキルみたい。