ビルドンブング

自由でシンプルな生活を求めて試行錯誤する記録を毎日更新中(金曜日はその週に読んだ小説の紹介)

今週読んだ小説

この著者の小説を他にも読みたいと思える出会いが嬉しい【今週読んだ小説】

今まで読んだことのない著者の小説を読むときは、いつも不安だ。 果たして楽しめるだろうか、自分の好みに合っているだろうか…… 感覚としては五分五分だ。 出だしから何となく「合わないなぁ」と感じつつも最初の章までは読んでみるのだが、結局「これは厳し…

信頼できる著者の小説ばかり読んでしまう……【今週読んだ小説】

新規開拓ができてない。 2冊とも以前読んだことがある小説と同じ著者だ。 図書館で小説を借りる際は、好みに合った安心して読める著者の作品を冊、全く読んだことのない著者の作品を2冊、計4冊借りるようにしている。 今週も、実は3冊読むつもりだったの…

物語がどこに向かってるかわからなくても表現がうまければ読める【今週読んだ小説】

週に3冊は小説を読みたいと思っているのだが、今週は2冊しか読めなかった。 実は読み始めた小説は3冊あったのだが、1冊は好みに合わなくて、4分の1ほど読んだところでやめてしまった。 自分で買った本ならともかく、図書館で借りた本なのだから、面白…

夢の見せ方がうまい!【今週読んだ小説】

今週も3冊読むことができた。 と言いつつ、3冊のうち2冊が過去に読んだことがあるものの再読になる。 良いものは何度読んでも良いものだ。 あるいは、単に私の記憶力が悪いおかげで、新鮮な気持ちで楽しめているだけかもしれない。 もちろん、初めて読ん…

夢と現実の境界を曖昧にするのが上手い【今週読んだ小説】

無事、小説を読むのが習慣になりつつある。 何が素晴らしいって、図書館に行けばいくらでも無料で借りられることだ。 ビジネス書などは時代もあって、古いものを読んでもあまりためにならないが、新しいものを読むなら図書館だと遅い。 しかし小説に早いも遅…

忘れた頃にもう一度読むとやっぱり面白い【今週読んだ小説】

学生時代は暇さえあれば図書館で借りた小説を読んでいたものだ。 大人になると、仕事が忙しくてなかなかゆっくり読書できる時間を取れなかったり、どうせ読むならためになるものをと、技術書やビジネス書を読んでいた。 しかし、小説が好きなことには変わら…